またしてもブレーキにトラブル発生のハース。サプライヤーをブレンボから変更検討

ハースは、アメリカGPでまたしてもブレーキディスクにトラブルを抱えたため、ブレーキサプライヤーを変更することを検討している。

またしてもブレーキにトラブル発生のハース。サプライヤーをブレンボから変更検討
Esteban Gutierrez, Haas F1 Team VF-16
Esteban Gutierrez, Haas F1 Team VF-16
Esteban Gutierrez, Haas F1 Team VF-16
Esteban Gutierrez, Haas F1 Team VF-16
Romain Grosjean, Haas F1 Team VF-16
Esteban Gutierrez, Haas F1 Team VF-16
The 2016 United States Grand Prix marked Romain Grosjean's 100th Formula One start

 ハースは、最近のレースでブレーキ問題に数多く直面しているが、アメリカGPでもまたブレーキに問題が発生。エステバン・グティエレスがリタイアを余儀なくされた。

 現在のハースのブレーキサプライヤー、ブレンボは何が起きたのかを解明するために、最大限の調査をすると約束している。

 声明を発表したブレンボは「オースティンにいる我々の専門家の初期分析では、左フロントホイールに、ディスクと干渉していたような跡があったようだ」と明かしている。

「チームと協力しながら、ブレンボの責任で注意深く調査を行っている。原因は技術的な問題だと見ている」

 調査が進む一方で、ハースはカーボン・インダストリー(CI)のブレーキディスクをテストする準備をしていることを明かした。できるだけ早くテストを行い、問題が解決するかどうか、見てみるという。

 チーム代表のギュンター・シュタイナーは「我々は異なるマテリアルをテストする予定だ。ブレーキを壊し続けるわけにはいかないので、何かする必要がある」と語った。

「エステバンは良いポジションにいたが、ブレーキが壊れてしまった。ブレンボは問題の解決に全力を尽くしてくれているが、我々自身でも、やれることをやる必要がある」

 シュタイナーは、ブレーキに関して、チームが問題に直面している理由を見つけるのに苦労していると語った。

「わからないんだ」と問題の原因について問われた彼は語った。

「ブレンボが調査を行い、何が間違っているのかを調べている。何が行われているか分からないので、我々には分からない」

 シュタイナーは、CI製のブレーキディスクをテストすることができるのは、メキシコGPの後になってしまうだろうと語った。

シェア
コメント
レッドブルのホーナー代表「ロズベルグがタイトル争いで負ける可能性もある」

前の記事

レッドブルのホーナー代表「ロズベルグがタイトル争いで負ける可能性もある」

次の記事

アロンソとのバトルに大満足のサインツJr.。一方「マッサ次第で5位もありえた」

アロンソとのバトルに大満足のサインツJr.。一方「マッサ次第で5位もありえた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー エステバン グティエレス , ロマン グロージャン
チーム ハースF1チーム
執筆者 Jonathan Noble