F1
20 6月
-
23 6月
イベント 進行中 . . .
27 6月
-
30 6月
イベント 進行中 . . .
11 7月
-
14 7月
イベント 進行中 . . .
25 7月
-
28 7月
イベント 進行中 . . .
01 8月
-
04 8月
イベント 進行中 . . .
29 8月
-
01 9月
次のセッションまで……
9 days
05 9月
-
08 9月
次のセッションまで……
16 days
R
第15戦シンガポールGP
19 9月
-
22 9月
次のセッションまで……
30 days
R
第16戦ロシアGP
26 9月
-
29 9月
次のセッションまで……
37 days
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
65 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
72 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
86 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
100 days

もっとシンプルな ”アクティブスクリーン” を求めるホーナー。提案は大歓迎。

シェア
コメント
もっとシンプルな ”アクティブスクリーン” を求めるホーナー。提案は大歓迎。
執筆:
2016/09/16 19:02

ホーナーは、アクティブスクリーンがもっとシンプルになれば、採用される可能性があると語った。

(L to R): Flavio Briatore with Christian Horner, Red Bull Racing Team Principal
Christian Horner, Red Bull Racing Team Principal
Enrique Scalabroni active windscreen sketch
Enrique Scalabroni active windscreen sketch
Enrique Scalabroni active windscreen sketch
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W07 Hybrid with the Halo cockpit cover
Lewis Hamilton, Mercedes AMG F1 W07 Hybrid with the Halo cockpit cover

 フェラーリとウイリアムズに在籍していた、エンリケ・スカラブローニが取り組んでいた、能動的なコックピット保護システムを、motorsport.comは明らかにした。

 このデバイスはインシデントに反応し、飛んできたデブリを検知。ドライバーの前方にあるウインドシールドが跳ね上がることで、ヘルメットを覆っているフードと共にドライバーを保護する。

 スラブローニはイタリアGPで、このプランをレッドブルのクリスチャン・ホーナーとF1の最高権力者であるバーニー・エクレストンに提示した。

 最終的な決定はFIAによって下されるが、特にこのアイデアがもっとシンプルになれば、ホーナーは採用する余地があると考えている。

「面白いコンセプトだ。しかしFIAにとっては、チームよりも考慮すべきことが多い」とホーナーは説明した。

「図面に書かれているものを見て、私は野心的に見えたよ。もしかしたら、もっとシンプルなソリューションを追求できるかもしれないね」

「ポジティブなのは、コックピット保護について意見する動きがあったことだ。みんなが安全の問題をものすごく深刻に捉えている。重要なことは、我々が思いついたソリューションが正しいものであり、視認性などすべての問題に対応することだ。何人かのドライバーが心配しているような問題にね」

関連ニュース:第3のコックピット保護デバイス『アクティブウインドスクリーン』

ハロの視認性は?

 ルイス・ハミルトンはシンガポールGPのフリー走行1回目でハロをテストした。

 ハミルトンは走行の後、彼にとって唯一の問題はミラーの視認性だったと語った。

「ハロでの走行で、現実的な問題はなかった。正直に言うと、ミラーを見たときハロがちょっと視界を妨げたことに気づいたくらいだったよ」

「ミラーでの視認性に問題があったというコメントがあるので、取り組んでいく必要があるね。しかし他には文句はなかった」とメルセデスのチーム代表、トト・ウルフは語っている。

次の記事
リカルド「明日はメルセデスに近づけるかもしれない」

前の記事

リカルド「明日はメルセデスに近づけるかもしれない」

次の記事

ルノーのアップグレード版パワーユニット、4人全員に導入へ

ルノーのアップグレード版パワーユニット、4人全員に導入へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Jonathan Noble
まずは最新ニュースを読む