アストンマーチン、元フェラーリのスタッフ雇用でF1参戦を”評価中”

アストンマーチンは、エンジンサプライヤーとしてF1に参戦するかどうかを評価するため、F1で働いた経験を持つスタッフを雇用している。

 アストンマーチンは、2018年からレッドブル・レーシングのタイトルスポンサーとなる。ハイパーカー”ヴァルキリー”の共同開発で築いた関係を一歩進めた形だ。

 アストンマーチンは2021年以降のF1エンジンルールに関心を示している。レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーも、アストンマーチンがF1プロジェクトを進める決断を下した場合、チームはそのエンジンを搭載することに”完全にオープン”だと述べている。

 しかしアストンマーチンのアンディ・パーマーCEOは、F1プロジェクトを実行するためにはそのコストが合理的なレベルである必要があると考えている。

「アストンマーチンには、(F1に参戦する)技術的な能力があると私は確信している」と、パーマーはmotorsport.comに語った。

「私が最近雇用した人々の中には、フェラーリから来た人材がいる。つまりF1エンジンを開発する”知力”はあるということだ」

「問題はそれを進めるための費用が、アストンのような会社にとって手頃なものかどうかだろう。それがアストンのような小さな会社と、ルノーやメルセデスベンツのような大きな会社との違いだ」

「私が雇用した人々の中には過去にF1に携わっていた者もいるし、市販車に関わっていた者もいる。だから今、我々は技術的に様々な資質を兼ね備えた、興味深い状態なんだ」

 アストンは以前、独自のF1エンジン開発に興味を持っていた他のブランドと提携した経験がある。コスワースや英国のエンジニアリング会社であるリカルド社だ。

 アストンが単独でF1エンジンを生産するのか、それともパートナー企業と共に生産を行うのかについて、パーマーは選択肢としてどちらもありうるとしている。

 F1を統治しているFIAと、商業権保有者であるFOM(フォーミュラ・ワン・マネジメント)は金曜日に会談し、エンジン供給に興味を持っている企業からの様々な提案について話し合ったという。

 これについては、次回11月7日に開催される予定のF1ストラテジーグループの会合でも話し合われる予定だ。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース