アブダビテスト:初日はライコネンがトップ。クビサは100周を走破

アブダビタイヤテストの初日は、フェラーリのキミ・ライコネンが首位。ロバート・クビサが100周を走りきった。

 2017年シーズンの最終戦アブダビGPが終わった後も各チームは現地に残り、11月28日(火)からピレリの新しいタイヤのテストを実施。初日はフェラーリのキミ・ライコネンがトップとなった。

 ライコネンは、ピレリが2018年から導入する新しいタイヤ、ハイパーソフトで1分37秒768をマークし、レッドブルのダニエル・リカルドに0.298秒差をつけて首位となった。

 この日は99周を走行したライコネン。テスト2日目の水曜日はセバスチャン・ベッテルがテストを引き継ぐ予定だ。

 ピレリは来シーズン、タイヤをより軟らかくしようとしており、今回のテストに参加したレギュラードライバーたちはピレリの2018年用タイヤで走行を重ねた。

 メルセデスのルイス・ハミルトンはライコネンから0.782秒遅れの3番手だが、136周を走行した。

 ハースのロマン・グロージャンは最多の137周を走り4番手。マクラーレンのフェルナンド・アロンソが6番手となった。しかしアロンソは午前中にクラッシュを喫し、フロントウイングにダメージを負ったことでセッションが赤旗中断となる場面もあった。アロンソはその後走行を再開し、最終的に111周を走っている。

 ルノーのニコ・ヒュルケンベルグが6番手、フォースインディアの開発ドライバーであるニキータ・マツェピンが7番手となった。

 ウイリアムズからテストに参加したロバート・クビサは、100周を走破。最速ラップは1分41秒296で、9番手となった。

 セッション最後の数時間は、レギュラードライバーのランス・ストロールがクビサに代わって担当。クビサよりも1.2秒速い5番手タイムを記録しているが、2人は異なる走行プログラムだったと思われる。

 また、クビサのベストタイムはソフトタイヤで記録されたもの。他のすべてのドライバーはソフトよりも3段階軟らかい、新導入のハイパーソフトタイヤでのベストタイムとなっている。

 クビサは2日目の最後の数時間、再びマシンに乗り込むと考えられており、この際には速いタイムを刻みにいくと思われる。

 ウイリアムズは今回のテストを使い、来季クビサとドライバー契約をサインするかどうかを評価している。彼は、シート獲得の最有力候補と考えられている。

 トロロッソからテストに参加したショーン・ゲラエルが10番手、ザウバーのマーカス・エリクソンが11番手。セキュリティ上の理由でブラジルでのタイヤテストがキャンセルされた影響で、マクラーレンは今回のテストで2台目のマシンを走らせており、このマシンに乗り込んだオリバー・ターベイが12番手となった。

【関連ニュース】

アブダビタイヤテスト 初日結果

Pos. Driver Team Time Gap Laps
1 Kimi Raikkonen Ferrari 1:37.768   99
2 Daniel Ricciardo Red Bull 1:38.066 0.298 109
3 Lewis Hamilton Mercedes 1:38.551 0.783 136
4 Romain Grosjean Haas 1:39.270 1.502 137
5 Lance Stroll Williams 1:39.580 1.812 29
6 Fernando Alonso McLaren 1:39.762 1.994 115
7 Nico Hulkenberg Renault 1:39.803 2.035 85
8 Nikita Mazepin Force India 1:39.959 2.191 90
9 Robert Kubica Williams 1:41.296 3.528 100
10 Sean Gelael Toro Rosso 1:41.428 3.660 117
11 Marcus Ericsson Sauber 1:41.681 3.913 97
12 Oliver Turvey McLaren 1:41.914 4.146 105
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 Abu Dhabi November testing
サーキット ヤス・マリーナ・サーキット
ドライバー ダニエル リカルド , キミ ライコネン , ルイス ハミルトン
チーム フェラーリ
記事タイプ テストレポート