F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
49 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
56 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
70 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
84 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
98 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
105 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
119 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
133 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
140 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
154 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
161 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
175 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
189 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
217 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
224 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
238 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
245 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
259 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
273 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
280 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
294 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
308 days

アブダビGP予選:ボッタス、ハミルトン抑え2戦連続ポールポジション

シェア
コメント
アブダビGP予選:ボッタス、ハミルトン抑え2戦連続ポールポジション
2017/11/26 1:48

最終戦アブダビGPの予選は、メルセデスのバルテリ・ボッタスが前戦ブラジルGPに続くポールポジションを獲得した。

 2017シーズンのF1最終戦、アブダビGPの予選はメルセデス同士の一騎討ちを制したバルテリ・ボッタスが、2戦連続のポールポジションを獲得した。

 ヤス・マリーナ・サーキットは日没が迫る中、気温24度、路面温度は31度というコンディションで予選開始時刻を迎えた。

Q1:ストロールがなんとかQ2進出

 セッションがスタートすると、ピエール・ガスリー(トロロッソ)を先頭に6台ほどがコースイン。メルセデスの2台がこれに続く形でアタックに向かった。

 ルイス・ハミルトン(メルセデス)がまずは1分37秒473でトップに立ち、チームメイトのバルテリ・ボッタスが2番手、キミ・ライコネン、セバスチャン・ベッテルのフェラーリ勢が3、4番手となった。

 上位勢はFP3とはコンディションが違うということもあって、走行を継続。2度目のアタックに向かうと、ボッタスがタイムを更新しトップでQ1を終えた。

 セッションが残り5分を切り、各車がピットイン。この時点でトロロッソ、ザウバーの4台に加え、ウイリアムズのランス・ストロールがQ1敗退圏内だ。

 残り3分を切り、12番手のフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)以下がアタックへ。ガスリーはタイムアップを果たしたもののQ2進出には届かず17番手。一方ストロールは15番手に浮上し、ハースのロマン・グロージャンを蹴落としてQ1敗退を逃れた。

 グロージャンとガスリー以下は、パスカル・ウェーレインとマーカス・エリクソンのザウバー勢。最後尾は10グリッド降格が決まっているブレンドン・ハートレー(トロロッソ)となった。

Q2:マクラーレンは2台がノックアウト。マッサがQ3へ

 Q2で最初にピットを飛び出したのはメルセデス勢。ボッタスが1分36秒台に突入するものの、ハミルトンがそれを0.235秒上回る、1分36秒742を叩き出した。ベッテルはボッタスと僅差の3番手。タイヤのバイブレーションを訴えたライコネンは、トラフィックの影響もありベッテルから0.4秒ほど遅れての4番手となった。

 レッドブル勢はダニエル・リカルドが5番手となったものの、マックス・フェルスタッペンはトップから1.4秒遅れの7番手と、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグに先行を許した。

 フォースインディアのセルジオ・ペレスが8番手、エステバン・オコンが9番手につけており、マクラーレン・ホンダのアロンソとバンドーンがQ3進出ボーダーを跨ぐ形となった。

 残り時間4分を切り、アロンソを先頭にタイヤをリフレッシュした各車がアタックへ。しかしアロンソはタイムアップすることができず。すると最後のF1予選を戦っているフェリペ・マッサ(ウイリアムズ)がアロンソを上回り10番手に浮上。これでアロンソはQ2ノックアウトとなった。

 11番手のアロンソ以下はカルロス・サインツJr.(ルノー)、バンドーン、ケビン・マグヌッセン(ハース)、ストロールがQ3進出を逃した。

Q3:ボッタスがハミルトンを打ち負かしポール獲得

 Q3はライコネン、ヒュルケンベルグ、ボッタスという順にコースイン。少し距離を空ける形でハミルトンが続く。

 最初のアタックではボッタスが1分36秒231というタイムでラップレコードを更新、ハミルトンを0.172秒リードしトップとなった。フェラーリ勢はセクター2でメルセデスよりも0.3秒以上遅れをとり、ベッテルがボッタスと0.628秒差の3番手という状態だ。レッドブル勢はフェラーリの2台よりもさらに0.7秒近く離されている。

 残り4分を切り、最後の予選アタックに向かうマッサに続き、オコンとボッタスがコースインしていく。ボッタスはオコンをアウトラップ中に交わし、スペースを確保してアタックに入った。

 ボッタスはセクター1で自己ベスト更新できず、セクター2も伸び悩んだ。一方で後方からはハミルトンが全体ベストのペースでセクター1を駆け抜けた。しかしこちらもセクター2&3は良くなくタイム更新ならず、ボッタスがポールポジションを獲得した。

 ベッテルは0.1秒ほどタイムを詰めたものの、0.546秒差で3番手のまま。フェラーリはまたしてもアブダビでのフロントロウを逃す結果となった。一方リカルドはアタックを決め0.7秒ほどタイムを更新、フェラーリ勢の間を割る4番手となった。

 5番手ライコネン、6番手フェルスタッペンに続いたのは、ヒュルケンベルグ。0.1秒差でフォースインディアのペレスとオコンを抑えた。マッサは10番手でF1最後の予選を終えている。

 全20戦で争われてきた2017年シーズンのF1も、ついに最終戦。注目の決勝は26日(日)、日本時間22時にスタートする。

【リザルト】最終戦アブダビGP:予選結果

【関連ニュース】

次の記事
会心アタックで4番手。予選に満足のリカルド「表彰台のチャンスはある」

前の記事

会心アタックで4番手。予選に満足のリカルド「表彰台のチャンスはある」

次の記事

Q1敗退のトロロッソ、6位確保は他力本願?「祈ることしかできない」

Q1敗退のトロロッソ、6位確保は他力本願?「祈ることしかできない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第20戦アブダビGP
ロケーション ヤス・マリーナ・サーキット