F1
28 3月
イベントは終了しました
16 4月
次のセッションまで……
1 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
15 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
21 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
35 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
49 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
56 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
70 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
77 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
91 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
105 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
133 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
140 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
147 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
161 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
168 days
07 10月
次のセッションまで……
175 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
189 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
196 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
204 days
03 12月
次のセッションまで……
232 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
241 days
Formula 1 2018
トピックス

Formula 1 2018

ザウバー、2018年はルクレールとエリクソンを起用することを発表

ザウバーは、2018年シーズンにシャルル・ルクレールとマーカス・エリクソンを起用することを発表した。

ザウバー、2018年はルクレールとエリクソンを起用することを発表

 2018年からアルファロメオの名でフェラーリ製パワーユニットを使用するザウバーは、レギュラードライバーにシャルル・ルクレールとマーカス・エリクソンを起用することを発表した。

 今年ザウバーで2年目のシーズンを過ごしたエリクソンは、フェラーリの育成ドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィとシートを争っていた。またザウバーはフェラーリとの結びつきを密にしており、来年はアルファロメオの名を冠したフェラーリ製パワーユニットを使用することから、その関係性はさらに密接なものになる。

 当初は、アルファロメオをチーム名とすることが提案されていた。というのもフェラーリの会長であるセルジオ・マルキオンネがザウバーをドライバー育成の場として利用したがっていたからだ。しかし最終的には、ザウバーのオーナーと強い繋がりをもつエリクソンが”勝利”した。

 土曜日、ミラノでアルファロメオのパートナーシップ締結の正式な発表会が行われ、そこでこのドライバーラインアップも明らかになった。

 前チーム代表であるモニシャ・カルテンボーンがチームを去り、フレデリック・バスールが代表に就任したことで、今年のザウバーは大きく方向性を変えていた。

 当初、2018年はホンダのパワーユニットを使用することになっていたザウバー。しかしこの契約は即座に破棄された。なぜならこれも、バスールがフェラーリとの関係性を強化した方がチームの将来にとってベストだと考えたからだ。

 パワーユニットの供給契約には、フェラーリの若手ドライバーのひとりを起用する条件が含まれていたと考えられている。今年ルクレールがFIA F2で圧倒的な速さを示したことを考えれば、彼がザウバーにとって優先的な候補となっていたことももっともだ。

 一方、同じくフェラーリの育成ドライバーであるジョビナッツィもF1にフルタイム参戦するためにシートを争っていたが、ザウバーはエリクソンの母国であるスウェーデンの支援者と強い結びつきを持っており、最終的はエリクソンを使用することを決めた。

 これによりジョビナッツィはザウバーでサードドライバーを務めることになる。

【関連ニュース】

シェア
コメント
リカルド「ハミルトンの今季のレースに対する姿勢は尊敬に値する」

前の記事

リカルド「ハミルトンの今季のレースに対する姿勢は尊敬に値する」

次の記事

”アルファロメオ・ザウバー”発表。来季のコンセプトカーもお披露目

”アルファロメオ・ザウバー”発表。来季のコンセプトカーもお披露目
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー シャルル ルクレール , マーカス エリクソン
チーム ザウバー
執筆者 Jonathan Noble