アルファロメオ、F1に復帰。フェラーリ+ザウバーのコラボで実現

2018年のザウバーに供給されるフェラーリ製パワーユニットは”アルファロメオ”名となり、歴史的なメーカーがF1にカムバックを果たすことになる。

 ザウバーとフェラーリのパートナーシップにより、アルファロメオの名が2018年のF1に戻ってくることになる。

 来季から最新仕様のフェラーリ製パワーユニットの供給を受けるザウバー。このザウバーに供給されるパワーユニットにはアルファロメオのバッジがつけられ、チームの名称もアルファロメオ・ザウバーF1チームと呼ばれることになる。

 この契約には”戦略的、商業的、技術的”な協力関係が含まれ、エンジニアリングと技術面でのノウハウが交換されると、ザウバーは声明の中で述べている。

 フェラーリ会長のセルジオ・マルキオンネは、アルファロメオの名前をF1に復活させる事を熱望。ここ数カ月間、様々な場でこれを示唆してきた。

「ザウバーF1チームとのこの契約は、アルファロメオのブランド再構築及び30年以上を経てF1に復帰する事において重要な一歩である」

 そうマルキオンネ会長は語る。

「アルファロメオはこのスポーツの歴史を形作ってきたブランドのひとつであり、現在F1に参加する他の大手自動車メーカーと肩を並べることになる」

「アルファロメオ自体も、ザウバーF1チームと技術的かつ戦略的なノウハウを共有することで、恩恵を受けることになるだろう」

 ドライバーラインアップはまだ発表されていないものの、ふたりのドライバーのうちひとりは、今季のF2チャンピオンでありフェラーリの育成ドライバーであるシャルル・ルクレールになるものとみられる。ルクレールのチームメイトは、2017年にレギュラーを務めたマーカス・エリクソンを継続起用するのか、それともルクレールと同じくフェラーリ育成ドライバーのアントニオ・ジョビナッツィを起用するのかは、今も検討中であるとみられる。

 ザウバーの会長であるパスカル・ピッチは、アルファロメオはチームにとって、理想的なパートナーであると語る。

「アルファロメオはグランプリレースにおいて、長い成功の歴史を持っている。この世界的に名のあるメーカーが、モータースポーツの頂点に戻るために我々と協力することを選んだことを、非常に誇りに思っている」

「自動車メーカーと密に連携することは、ザウバー・グループが技術とエンジニアリングのプロジェクトをさらに発展させる絶好の機会である」

「アルファロメオ・ザウバーF1チームとして大きな成功を共に収めることについて、我々は自信を持っている。そして、長く成功したパートナーシップを続けることを楽しみにしている」

 アルファロメオは1979から1985年にかけ、ワークスチームとしてF1に参戦した。その後、1990年代から2000年代初頭にかけてツーリングカーのプロジェクトを展開したものの、その後はモータースポーツの第一線から退いていた。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ザウバー
記事タイプ 速報ニュース