アロンソ、アメリカGPでインディ500仕様のヘルメットを使用

フェルナンド・アロンソは、今週末のアメリカGPでインディ500仕様デザインのヘルメットを使う予定だ。

 フェルナンド・アロンソは、今週末のアメリカGPでインディ500仕様デザインのヘルメットを使う予定だ。

 アロンソは今年の5月に行われた第101回インディ500にF1のモナコGPを欠場してまで参戦し、世界的な注目を集めた。

 アロンソは初挑戦のインディカー、しかもオーバルコース初経験だったにもかかわらず予選で5位に入り、決勝でも先頭を争った。しかし最終的には、残り21周というところでエンジントラブルに見舞われリタイアを喫した。

 そのアロンソは、インディ500で使用した特別仕様のヘルメットを、今週末のアメリカGPでも着用することを決めた。黒をベースにしたこのヘルメットは、赤、黄、青のラインでデザインされており、インディ時と唯一異なる点は、F1固有のスポンサーロゴが追加される点だ。

 アロンソはインスタグラムにこのヘルメットの画像を公開し、インディに敬意を表すると共に、アメリカのファンに感謝の意を示すために、このデザインを再び使うことを決めたと明らかにしている。

 

 現在F1ドライバーはシーズンを通して同じカラーのヘルメットを使わなければならないと規定されている。しかし1年のうち1レースに限り、異なるデザインのヘルメットを着用することが許されている。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 第17戦アメリカGP
サーキット サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース