アロンソ、新パワーユニット投入で35グリッド降格ペナルティ

アロンソは、イタリアGPでアップグレードしたパワーユニットに交換するため、35グリッド降格ペナルティを受けることが決定した。

 マクラーレンのフェルナンド・アロンソは、イタリアGPでアップグレードしたパワーユニットに交換するため、35グリッド降格ペナルティを受けることが決定した。

 ホンダは、アロンソにパワーアップした内燃機関(ICE)を含むパワーユニットを新しく用意した。これによりホンダは7基目のICEとMGU-K、9基目のターボチャージャーとMGU-H、6基目のバッテリーと5基目の電子制御システム(CE)を搭載することとなる。

 アロンソはイタリアGP金曜日のフリー走行1回目に”スペック3.7”を投入し、それ以降のセッションは以前搭載していたパワーユニットを再び使用するという。

 ホンダはプラクティスセッションだけで性能をテストすることを目論んでいる。これはモンツァよりもチャンスのあるシンガポールに向けてマイレージを温存しておくためである。モンツァでの1セッションでエンジンを搭載し、ペナルティを消化しておくことで、シンガポールに備えているとみられる。

 2回目のフリー走行前にエンジンを交換する時間を取るため、アロンソはフリー走行1回目を通常よりも早めに終了していた。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 イタリアGP
サーキット Autodromo Nazionale Monza
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース