アロンソ「コース上で最高のマシン」と絶賛。シャシー改善がカギ

アロンソは、シャシーの改善によってマシンが”コース上で最高のマシン”になったと絶賛した。

 マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、自分たちにはベストなマシンがあり、今シーズンの中でも最高の週末だと語った。

 アロンソは予選Q1でセクター2の全体ベストのタイムをマークし、5番手でQ2に進出した。しかしQ2ではタイヤをセーブするため、タイム計測を行わなかった。

 なおアロンソは、パワーユニットのコンポーネントを交換したため、すでに20グリッド降格が決まっている。

 今週末はチームにとってこれまででベストな週末だと彼は絶賛しているが、この改善はホンダのパワーユニットによるものではなく、シャシーによるものだと明かした。

「エンジンは同じだ」とアロンソは話した。

「実は、今日は以前使っていたエンジンを搭載している。昨日は新しいものを使っていたけど、それはブラジルとアブダビのためにセーブしておく」

「今回の改善は、僕たちがこのレースに投入したエアロやサスペンションなどアップデートパーツのおかげだ。少なくとも今日は、僕たちにはベストなマシンがある」

 しかしアロンソは、グリッド後方からのスタートになることや、ここのサーキットには長いストレートがあることを考えると、ポイントを獲得するのは非常に厳しいだろうと考えている。

「マシンのハンドリングは信じられないようなものだった」

「コーナーではきちんとグリップもあって、本能的に、そして容易にドライブすることができた。今のことろは目を見張るような週末だ」

「久しぶりにセクターの最速タイムもマークした。おそらく今週は今シーズンの中でもベストな週末だ」

「残念ながらペナルティを受けるので、僕たちは後方からのスタートになる。それに明日はポイントを獲得するのはほとんど不可能だろう。というのも、僕たちはストレートでオーバーテイクができないからね。でも可能な限り2018年に備えている」

「今日はこの3年間で初めて、僕たちがコース上で最も良いマシンを持っていると確信できる」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 第18戦メキシコGP
サーキット アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース