アロンソ&バンドーン、パワーユニット交換で35グリッド降格へ

マクラーレン・ホンダのふたりのドライバーは、パワーユニットの一式を交換するため、メキシコGPを最後尾からスタートすることになりそうだ。

 マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンは、メキシコGPでホンダの新しいパワーユニットを投入するようだ。これにより、ふたりはグリッド降格ペナルティは避けられず、最後尾からスタートすることになりそうだ。

 ペナルティの規模は明らかにされていないものの、ふたりはパワーユニット一式全てを交換することになるとみられている。これはつまり、35グリッドの降格ペナルティを意味する。

 マクラーレン・ホンダは、メキシコよりもブラジルやアブダビの方が好成績を残すことができる可能性があるグランプリだと判断。今週末に全てのペナルティを消化することで、残り2レースをできる限り有利に過ごそうと考えている。

「残念なことに、僕はエンジンをもう一度交換しなければならないだろう。だから僕らは、グリッド最後尾からスタートすることになる」

 そうアロンソは語った。

「おそらく、このサーキットは我々のパッケージにとって適したコースではないかもしれない。だから、厳しい戦いになると予想している。ペナルティを受けるのは今回が最適かもしれない。うまくいけばこの新しいエンジンは、ブラジルとアブダビに対して良い投資となるだろう」

「一度後方からスタートするなら、すべてのコンポーネントを新しくして、最後尾からスタートした方が良い。だから、僕らは多くのコンポーネントを交換するだろう」

 バンドーンはアメリカGPでもパワーユニットを交換し、グリッド降格ペナルティを受けたばかりだった。

「今週末、僕らはいくらかのエンジンペナルティを受ける。なぜなら、僕らにとって厳しい週末になることを理解しているからだ」

 そうバンドーンは語った。

「僕について言えば、フルパッケージになると思う。つまり、35グリッド(降格)だろう」

「これが最後になることを願っている。僕らは今週末が、パフォーマンス面で厳しい週末になることを理解していた。そしてより良い成績を残せる可能性がある最後の2レースを完璧なモノにするため、ここでエンジンペナルティを受けることを計画していたんだ」

「こういう状況に対処する方法を、今では理解している。明らかに、週末へのアプローチは変わるんだ。予選で全てを発揮することに必ずしも集中する必要はないから、ずっとレースへ向けた準備することになるだろう」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 第18戦メキシコGP
サーキット アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス
ドライバー フェルナンド アロンソ , ストフェル バンドーン
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース