アロンソ、パワーユニット交換で35グリッド降格のペナルティ

フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)のパワーユニットに問題が発見されたため、夜を徹して交換作業が行われ、グリッドペナルティを受けることになった。

 金曜日のフリー走行後、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)のマシンのパワーユニットに油圧漏れが発見された。チームは今季2度目の夜間作業でパワーユニットを交換した。

 ホンダは、アロンソに丸々1基のパワーユニット投入を決断。アロンソはこれで10基目のターボチャージャーとMGU-H、8基目のMGU-K、7基目のエナジーストア、6基目のコントロールユニットを使用することになり、合わせて35グリッドの降格ペナルティを受けることになる。

 これで、ホンダにとってホームレースとなる日本GPで、アロンソは最後方からのスタートに。他にはトロロッソのカルロス・サインツJr.がパワーユニットのコンポーネントを交換しており、20グリッドペナルティとなっている。メルセデスのバルテリ・ボッタスは、ギヤボックス交換のペナルティで5グリッドダウンとなる。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 第16戦日本GP
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース