アロンソ「マクラーレンは2016年マシンの開発を止めるべきではない」

シェア
コメント
アロンソ「マクラーレンは2016年マシンの開発を止めるべきではない」
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2016/06/16 23:43

フェルナンド・アロンソは、今季の開発を継続しながらも、2017年用マシンに有効なモノを投入していくのが重要だと考えている。

Fernando Alonso, McLaren MP4-31
Fernando Alonso, McLaren MP4-31
Fernando Alonso, McLaren on the drivers parade
Fernando Alonso, McLaren MP4-31

 いくつかのチームは、現在のリソースを今季のマシンの開発を継続するか、それとも来季用マシンの開発に振り分けるのか、その判断を迫られている。もし2017年マシンの開発に、そのリソースを振り分けることを選択した場合は、来季初頭にその恩恵を被ることができる可能性を秘めている。

 マクラーレンも今季の開発を諦め、来季マシンの開発に注力することができるが、アロンソは現時点で今季を諦めるのは間違っていると考えている。この剣について尋ねられたアロンソは、「僕は両方だと思う」と答えている。

「明らかなことだけど、僕らはチャンピオンシップのために戦いたい。そして、僕らは今年、そのポジションにはいない。しかし、我々は進歩していて、将来的に目標を達成するために、正しい方向に進んでいると思う。でも、まだ長い道のりがあるよ」

「僕らは来年のクルマ、そして来年のプロダクトについて考えなければいけない。そして来年より競争力をつけるために、意識を振り分けなければならない。しかし同時に、僕らはまだ2016年を忘れるわけにはいかないんだ」

「まだ6月だよ。コンストラクターズランキングでも、より良い位置に行ける可能性はあるからね」

「今年のマシンに注入される進歩とアップデートの一部は、来年に向けても有効なはずだ。特にパワーユニットの面ではね」

「僕らはまだ、両方のプロジェクトに取り組んでいる。そのモチベーションは、今年多くのポイントを獲得することにあるんだ」

次の F1 ニュース
バクーのピットレーン入り口は超高速。懸念を表明するドライバーも

前の記事

バクーのピットレーン入り口は超高速。懸念を表明するドライバーも

次の記事

バトン「F1の安全意識は、バクーで後退した」

バトン「F1の安全意識は、バクーで後退した」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ヨーロッパGP
ロケーション Baku City Circuit
ドライバー フェルナンド アロンソ 発売中
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース