アロンソ、新たにアップグレードPUを導入しグリッドペナルティーか?

フェルナンド・アロンソはフリー走行1でパワーユニットを交換したことで、グリッド後方から決勝をスタートすることになりそうだ。

 マクラーレンは、ホンダが7トークンを費やしアップグレードしたパワーユニットをベルギーGPから使用しているが、ERSからの水漏れによりFP1ではタイムを記録できなかった。

 マクラーレンは、フェルナンド・アロンソは新たに6つのコンポーネント全ての交換をすることを認めた。

 コンポーネント全てが年間の使用制限を超える6基目となり、合計で35グリッドダウンのペナルティとなる。

 チームは、コンポーネントはFP1で使われたものと同じスペックであるとしている。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ベルギーGP
サーキット スパ・フランコルシャン
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース