アロンソ、新車MCL33を語る「このクルマの重要さを理解している」

フェルナンド・アロンソは、マクラーレンの新車MCL33についてコメント。実車を目にして興奮しつつも、慎重な姿勢を崩していない。

 ついに発表されたマクラーレンの2018年仕様マシンMCL33。ホンダと袂を分かち、ルノーとタッグを組んだ初めてのマクラーレンF1マシンということになる。

 ニューマシンの発表を受け、チームのエースドライバーであるフェルナンド・アロンソは、「信じられないほど興奮している」と語る。

「今年の冬は、いつもよりも少し短く感じた」

 そうアロンソはチームのリリースにコメントを寄せた。

「僕は今年すでに24時間レースを走ったし、スポーツカーのテストもあった。でも、3カ月ぶりにF1マシンに乗るのを、本当に楽しみにしている」

「僕らの新しいマシンを見ると、信じられないほどの興奮を感じる。でも、不安もある。このクルマが、チームにとってどれほど重要なのか、僕は理解している。そして僕らは、みんなが望む形をもたらすことを願っている」

「もし僕らが去年のシャシーの強さを発展させることができ、そして改善されたルノーのパワーユニットを組み合わせることができれば、一歩前進できると思っている」

 アロンソは、ニューマシンのカラーリングも気に入ったようだ。

「マシンは非常に綺麗に見えるし、よく考えられている。新しい色は、本当に素晴らしいと思う。みんなの目を引くしね」

「今はただ、すぐにでもマシンに乗りたい気分だ!」

→マクラーレンの2018年仕様ニューマシンMCL33:フォトギャラリー

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 McLaren MCL33 発表
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース