アロンソ「来季ホンダのパワー不足に悩まされる"トロロッソが心配"」

61,677 見る

アロンソは、トロロッソに対しホンダエンジンのパワー不足がブラジルGPでも響いていることを心配する必要があると考えている。

 マクラーレンのフェルナンド・アロンソはトロロッソに対し、ホンダパワーユニットのトップスピード不足がブラジルGPでも響いたことを心配する必要があると考えている。

 アロンソは、ブラジルGPのレース大半をウイリアムズのフェリペ・マッサの背後で走った。アロンソはコーナーではマッサに追いつくことができたが、トップスピードが不足しているため、ストレートでマッサをオーバーテイクすることができなかった。

 アロンソはマッサがDRSを活用して走っている時、2台の速度差は50km/hほどあったと主張している。

 ホンダエンジンのパワー不足に嘆くアロンソは、来シーズン同社のパワーユニットを使うトロロッソに対し、厳しいシーズンに直面する可能性があることを警告した。

「今日のパワー不足には驚いた。メキシコでも同じような調子だった。僕は最終コーナー入口でフェリペに接近することができた。しかしDRSを使っても、その差は再び開いてしまった」

「来季のトロロッソはパワー不足に悩まされることだろう」

「この驚異的なパワー不足は本当に残念だ。昨日は25km/h差ほどだったと思う。しかし今日はライバルにDRSを使われると40~50km/hほど遅れていたように思う。それでも前の方でフィニッシュできたことは信じられないことだ。今日のスピード不足は著しいものだった」

「残るはアブダビだけであり、厳しい1年がこれで終わりを告げる。うまくいけばこれがこのような条件下でレースしなければならない最後のレースになる」

 マクラーレンは来季よりエンジンの供給先をルノーに変更する。ルノーのパワーユニットは現時点でも信頼性の問題を抱えており、ブラジルGPでもトラブルを抱えた。しかしアロンソは何の心配もしていないという。

「様子を見てみよう。ルノーはこれまでのチャンピオンシップを見てみれば、過去15~20年間の中でも最高のエンジンメーカーだということが伺える。だから僕は心配すべきではないと思う」

 パワー不足を訴えながらも8位でレースを終えたアロンソだが、マクラーレンは今季最高のレースウィークを楽しむことができたと考えている。

「総合的には最高の週末だったと思う。6番手からスタートし、最高5番手に位置し、結局ポイントを獲得することができた。良い週末だった」

 なおアロンソはスピード不足を主張するが、スピードトラップの計測記録は、マッサ323.1km/hに対してアロンソ325.3km/hと、アロンソの方が速かった。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 第19戦ブラジルGP
サーキット Autódromo José Carlos Pace
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース