ウイリアムズの2018年型マシンは超攻撃的!? 引退のマッサが明かす

シェア
コメント
ウイリアムズの2018年型マシンは超攻撃的!? 引退のマッサが明かす
執筆: Lawrence Barretto
2018/01/06 4:14

昨年限りでF1から引退したマッサ曰く、風洞で目撃したウイリアムズの2018年型マシンは、攻撃的な外見になっていたという。

 昨シーズン限りでF1を引退したフェリペ・マッサは、ウイリアムズの2018年マシンは”攻撃的”に見えると語る。

 マッサは4年間ウイリアムズに在籍し、2017年には43ポイントを獲得した。そしてウイリアムズは、コンストラクターズランキング5位に終わった。

 ウイリアムズのチーフ・テクニカルオフィサーは、昨年からパディ・ロウが務めている。つまり2018年のマシンが、ロウの影響力が及ぶ最初のマシンということになる。そしてそのマシンは、マッサ曰くより攻撃的な外見になっているという。

「僕は風洞でニューマシンを見た。そして非常に興味深い、多くの変更点が見えた」

 マッサはそうmotorsport.comに語った。

「でも、まだみんな働いている。だからおそらく、最初のレースまでには多くの変更が加えられるかもしれない」

「マシンはより攻撃的になったように見える。多くの点が変更されている。だから僕は、彼らがマシンを改善することができると信じている」

 昨シーズンのウイリアムズは、フォースインディアとのコンストラクターズランキング4位争いに加わることができなかった。そしてルノーやマクラーレンは、来季勢いを増してくることが予想されている。

「ルノーは改善してくるだろう」

 そうマッサは語った。

「マクラーレンもルノーのパワーユニットを持つことになる。だから、その改善にどのくらいの効果があるのか、それを知る必要がある」

「ドライバーたちがどのくらいやれるのかも見なければならないが、チームは間違いなく、これまでよりも良いクルマを用意することができると思う」

 一方でマシンを手がけるロウは、2018年のマシンが進歩していると語ると共に、2月26日に始まる最初のテストまでは非常に忙しい時間が続くと予想している。

「チームのスタッフは全員、マシンに取り組んでいて非常に忙しい日々を過ごしている」

 そうロウは語った。

「やるべきことがたくさんある。残念ながら、少し遅れているモノもある」

「チーム全員は、これからの2〜3カ月の間、本当に頑張らなければならない。しかし、いくつかの素晴らしい仕事も成し遂げられた。だから昨年のマシンに比べて、大きな改善があることを望んでいる」

次の F1 ニュース
勝利数"10"以上を誇る伝説の21台。史上最強F1マシンは?

前の記事

勝利数"10"以上を誇る伝説の21台。史上最強F1マシンは?

次の記事

リカルド「2017年シーズンでフェルスタッペンはかなり成長した」

リカルド「2017年シーズンでフェルスタッペンはかなり成長した」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー フェリペ マッサ 発売中
チーム ウイリアムズ
執筆者 Lawrence Barretto
記事タイプ 速報ニュース