ウイリアムズ、アゼルバイジャンGPを分析「マッサが勝てたはず」

ウイリアムズのパディ・ロウは、今季のアゼルバイジャンGPを分析。その結果、マシントラブルがなければマッサが勝っていたと主張する。

 ウイリアムズのチーフ・テクニカル・オフィサーであるパディ・ロウは、リヤサスペンションに問題が発生しなければ、フェリペ・マッサは今年のアゼルバイジャンGPに勝利していただろうと考えている。

 アゼルバイジャンGPの決勝、9番手スタートだったマッサは、赤旗が掲出された際に3番手を走っていた。しかしレースが再開された際、マッサはマシントラブルに見舞われ、最終的に勝者となったレッドブルのダニエル・リカルドに抜かれ、リタイアを喫することになった。

 大混乱となった今年のアゼルバイジャンGP。レース後、多くのドライバーが「問題が生じなければレースに勝つことができたはず」と語った。しかしパディ・ロウの分析によれば、勝利はマッサの手にあった可能性が高いという。

 もしそれが実現していれば、マッサにとっては2008年ブラジルGP以来、通算12勝目となるはずだった。そのグランプリは、チェッカーを受けた直後にルイス・ハミルトンにタイトルを奪われることになった、あのブラジルGPだ。

「バクーのレースは、本当に色々なことがあった。そしてレース後、たくさんの人が私のところに来て、こう言ったんだ。普通にレースをしていれば、勝つことができただろうとね」

 ロウはそうmotorsport.comに対して語った。

「私はそのレースを分析した。そして、多くの人々が『勝てたはず』と言う意見には賛同しかねるが、フェリペが勝つというシナリオについては、確かにその通りだった。もしマシンに故障が生じなかったら、彼はそのレースに勝っていただろう」

「彼の最後の年に、勝利を奪ってしまった。それは実に残念なことだ。誰もがそれについて戸惑った。しかしそれは、モータースポーツでは時折ある話だ」

 ロウはマッサが”信じられない”仕事をするドライバーであり、ストロールの”強力なサポート役”になっていたと語る。

「私は何年も、彼のことを遠くから見てきた。そして彼のドライビングを賞賛してきたんだ。特に2008年には、ルイス(ハミルトン)の脅威となった」

「当時、私はマクラーレンに所属していた。誰もが知っているように、彼はほとんどチャンピオンになっていたんだ。だから、チャンピオンに値するレベルのドライバーであることは間違いない。そして今年、彼と仕事することができたのは、素晴らしいことだった。彼の人となりを知ることもできた」

「彼は人間としても素晴らしい。彼を嫌ったり、彼と仕事をするのは楽しくないと言うような人は、パドックにはひとりも存在しない。彼はいつも幸せそうにしている。他のドライバーの場合は、すべてがそうだというわけではないからね」

「彼は堅実で、信頼できるドライバーだ。だからこそ、ガレージのもう一方にルーキーがいる時は、絶対に必要な存在だった」

「ランスに対して素晴らしいサポートし、多くのことを指導してくれた。それは本当に賞賛され、尊敬されるべきことだ。彼はそういうドライバーなんだ」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー フェリペ マッサ
チーム ウイリアムズ
記事タイプ 速報ニュース