ウイリアムズ、クビサと契約との噂を否定「まだ何も決まっていない」

ウイリアムズは、2018年のドライバーとしてロバート・クビサとすでに契約を交わし、アブダビGPで発表するとの噂を否定した。

 ウイリアムズはすでにロバート・クビサと2018年のドライバー契約が完了したという噂を否定し、アブダビGP中にドライバーを発表する予定はないと主張した。

 チームはランス・ストロールの相棒候補として、すでに2度にわたって2014年仕様のマシンを使ってクビサをテストしている。

 それに加え、アブダビGP後に行われるピレリのタイヤテストでも、クビサがステアリングを握る予定となっている。

 クビサがウイリアムズのシートを確保したという推測が高まっているが、チームはまだ何も決まっていないと主張している。

「クビサとの話し合いは続いているが、誰が(フェリペ)マッサの後任となるかはまだ決まっていない」と、ウイリアムズは声明を発表した。

「何か発表すべきことがあれば発表を行うだろうが、今週末のアブダビでそういった予定は何もない」

 クビサはルノーのシート獲得に向けてチームと複数回テストを行った。しかし9月になってルノーにカルロス・サインツJr.加入が決定すると、クビサは来季の目標をウイリアムズ加入に切り替えていた。

 現在、昨年のF1チャンピオンであり、ウイリアムズとも交流があるニコ・ロズベルグがクビサのマネジメントの役割を担っており、彼の2011年のラリーでのクラッシュによる負傷からのF1復帰を手助けしている。

 ウイリアムズのシートを争うライバルとしては、ウイリアムズのリザーブドライバーであるポール・ディ・レスタや、現在ザウバーからF1を戦っているパスカル・ウェーレイン、トロロッソを放出されたダニール・クビアトの名前が挙がっているものの、現時点でクビサが最有力の候補であると考えられている。

 マッサもドライバー候補のひとりであったが、彼はすでに今季限りでのF1引退を発表している。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ロバート クビサ
チーム ウイリアムズ
記事タイプ 速報ニュース