ウイリアムズ、旧型車を使ったテストでクビサとディ・レスタを評価へ

ウイリアムズは、2014年型のF1マシンを使ってテストを行い、来季ドライバー候補のロバート・クビサとポール・ディ・レスタを評価するようだ。

 各チームが徐々に来季のF1ドライバーラインアップが決めていく中、ウイリアムズに残されたシートに注目が集まっている。今季デビューしたランス・ストロールの相棒がまだ決まっていないのだ。

 ウイリアムズは何人かのドライバーからシートに関する問い合わせを受けているが、チーム側からもドライバーにコンタクトを取っているようだ。

 それにより、ドライバーの候補はかなり絞られた。現在のレギュラーであるフェリペ・マッサの他、チームのリザーブドライバーを務め、今季マッサの代役としてハンガリーGPに参戦したポール・ディ・レスタ、そしてルノーからF1に復帰しようとしていたロバート・クビサだ。さらには現在、今季ザウバーでドライブしているパスカル・ウェーレインも候補のひとりに浮上していると考えられている。

 ウイリアムズは、2014年仕様のマシンでクビサとテストを行う計画を立てている。このマシンは、ストロールが昨年からサーキットへの習熟のために使っていたモノだ。10月11日にシルバーストンで1日テストを行った後、10月18日にブダペストでさらにもう1日テストが行われるという。

 2011年のラリー事故以後、初のF1マシン走行を今年果たしたクビサは、テストの機会を設けたルノーからの復帰を目指していた。しかしルノーは来季、カルロス・サインツJr.をトロロッソから”レンタル”という形で獲得。ニコ・ヒュルケンベルグと組ませることが確定している。

 ウイリアムズは現在、クビサが2018年マシンのポテンシャルを最大限に発揮することができるドライバーだと感じており、彼にターゲットを絞ってテスト計画を練っているようだ。

 また、ハンガリーではクビサがテストする前日にディ・レスタがステアリングを握り、テストを行うという。

 ハンガリーGPで体調不良により欠場したマッサの代役として力強いパフォーマンスを発揮したディ・レスタは、2013年を最後に遠ざかっているF1フル参戦実現に向けて活動を続けている。

 また関係者によれば、マッサも来季に向けてシートの維持に動いているという。昨シーズン終了後に急遽ボッタスがメルセデスに移籍した際に、引退を撤回しチームへの復帰を決断してくれたマッサに、ウイリアムズは”借り”がある状態だ。

 チームはマッサのことをよく理解している上、ディ・レスタよりもマッサの方が良い選択肢だと感じているようだ。ディ・レスタのテスト結果によっては、”候補”がひとり減ることになるかもしれない。

 一方、最後の候補であるウェーレインはメルセデスがチームに加入させたがっていると考えられる。ザウバーは来季、最新型のフェラーリ製パワーユニットを使用することが決まっており、フェラーリとの距離を縮めている。メルセデスの育成ドライバーであるウェーレインには居場所がなくなってしまったのだ。

 しかしウイリアムズにとって理想的なのは、加入するドライバーが25歳以上であること。タイトルスポンサーの酒類製造メーカーであるマルティニとの関係で、スポンサー関連のイベントに出られない18歳のストロールと22歳のウェーレインを組ませるわけにはいかないのだ。

 ウェーレインは候補としての序列4番手となるが、それでもチームが彼をストロールのベストパートナーであると判断した場合、マルティニとの交渉の余地はある程度残っていると考えられている。

 ウイリアムズ上層部はドライバー決定を急いではいないが、シーズンが終わるまでには発表することを望んでいるという。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Paul di Resta , ロバート クビサ
記事タイプ 速報ニュース