F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
1 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
8 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
22 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
36 days

ウイリアムズ、来季ドライバー決定は”自分たち”の意向で

シェア
コメント
ウイリアムズ、来季ドライバー決定は”自分たち”の意向で
執筆:
2016/05/25 20:21

ウイリアムズは、2017年のドライバーライナップについて、どのドライバーがフリーになるのかを待つのではなく、自らの決定により組織するつもりだ。

Valtteri Bottas, Williams F1 Team
Valtteri Bottas, Williams F1 Team
Valtteri Bottas, Williams F1 Team
Felipe Massa, Williams F1 Team
Valtteri Bottas, Williams F1 Team
Valtteri Bottas, Williams FW38
Valtteri Bottas, Williams
Felipe Massa, Williams
Felipe Massa, Williams
Valtteri Bottas, Williams
Felipe Massa, Williams FW38
Valtteri Bottas, Williams
Alex Lynn, Williams Development Driver

 今シーズン末で、多くのトップドライバーの契約が切れる。そのため、2017年のF1ドライバーラインアップは、大きく様変わりする可能性を秘めている。

 ウイリアムズのふたりも同様だ。フェリペ・マッサも、そしてバルテリ・ボッタスも、今季限りでチームとの契約が切れ、来季はフリーになる可能性がある。フェラーリはキミ・ライコネンの契約が今年いっぱいまで、ジェンソン・バトンも今季限りで契約が切れる。また、メルセデスのニコ・ロズベルグも今年末で終了となる。しかし、ぞれぞれ来季の契約継続の可能性も、当然残っている。

 とはいえ、ウイリアムズは欠員が出る可能性がもっとも高い可能性も持つチームであることは間違いない。そしてチームは、他のチームの動向を待つつもりはないと考えている。

「我々は今年中にドライバーラインアップを決めたいと思っています。他のチームの決定を待つつもりは、我々にはありません」とチームの副代表であるクレア・ウイリアムズは語る。

「それ(他のチームの動向を待つ)は我々は考えていない部分です。我々は、自らの意思でラインアップを組み立てたいと思います」

名前は重要

 ウイリアムズが求めることで、ひとつ確実なことがある。それは、チームにトップレベルのリザルトをもたらす、”ビックネーム”を持つドライバーをにのみ、関心を持っているということだ。

「数年前に我々の組織を変更した時、それが我々のドライバーラインアップのための目標として設定したものです」とウイリアムズは付け加える。

「私たちは、我々のマシンに乗ったドライバーたちが何をもたらしたのか、確認したかった。もちろん、経験も重要な要素だ」

「有名なドライバーということは、商業的には非常に価値のあるものです。しかし、有名ということは、彼らが長くF1にいて、そしてF1で成功を収めてきた証とも言えます」

「しかし、それと決定に向けてのプロセスには、多くの異なる要素があります」

ふたりのドライバーを賞賛

 ウイリアムズは状況をオープンにしているが、彼らの成績が継続的に好調な理由の背景には、マッサとボッタスの存在がある。そのため、ふたりがチームに残ることも不可能ではないはずだ。具体的には、ウイリアムズの候補のひとり目には、豊富な経験を持つマッサがいると考えられている。

「私たちは、このスポーツにおける経歴を知っているだけではありません。しかし、彼はレースにおいてなんて有能なんでしょう」

「私たちは、常に言ってきました。彼はチームにとって不可欠な部分であり、彼が今年マシンから引き出したパフォーマンス、そしてチームにもたらしたことに対して、満足しています。それは、バルテリ(ボッタス)についても同様です」

「今年は、フェリペとの3年目にあたります。我々は前進を続け、基準を満たすことを継続するドライバーを求めています。それが、我々がドライバーに期待することです。それは、10にも及ぶ長いリストになっています。彼がそれをやり続けるならば、それは我々にとって興味深いことでしょう。彼は偉大な才能であり、F1における素晴らしい名前のひとつだと言えます」

「しかし、我々は待ち、そして注視し続ける必要があります。現時点で必要なことは、ふたりのドライバーに今季に集中させることです。そして、毎レース出来る限り多くのポイントを獲得したいと思います。なぜなら、今年はこんなにタフな戦いを強いられていますから。そしてレッドブルやその他のチームに、3位というポジションを奪われたくはありません」

ボッタスへの関心

 クレア・ウイリアムズは、”ボッタスは他のチームに狙われていると思うか?”という問いに、次のように答えた。

「もちろん。我々のチームのふたりのドライバーは、共に多くのチームから注目されていることを確認しています」

「それは、我々が手にしている才能を証明するものです。彼らに競争力のあるマシンを提供し続ける限り、彼らにとってウイリアムズという名前は、候補として考えるひとつになると思います」

リンにとってのチャンス

 ウイリアムズは現在、アレックス・リンとリザーブドライバー契約を結んでいる。リンは今季、GP2を主戦場として戦っているが、彼がGP2で輝き続けた場合には、候補として考えなければならないだろうと語る。

「昨年は彼にとってGP2での1年目だった。彼には幾つかの課題があったように思いますが、彼はまた、自らの才能を証明してみせました」

「彼は開発ドライバーとしてチームに残り、一緒に仕事を続けている。アレックスは、自身がF1のレースシートに値する存在であることを、本当の意味で証明する必要があります。しかし、彼のシーズンはスタートしたばかり。私たちは彼を待ち、そしてよく見極める必要があります」

次の記事
プロスト「フェルスタッペンは冷静で、成熟している」

前の記事

プロスト「フェルスタッペンは冷静で、成熟している」

次の記事

アロンソ、3基目のパワーユニットをモナコに投入。アップデートはなし

アロンソ、3基目のパワーユニットをモナコに投入。アップデートはなし
コメントを読み込む