ウイリアムズ、2月15日に新車FW41を発表へ

ウイリアムズは、2018年用マシンFW41を2月15日にロンドンで発表することを明らかにした。

  ウイリアムズは、2018年シーズンを戦うニューマシンFW41を、2月15日にロンドンで発表することを明らかにした。

 このFW41は、チーフ・テクニカルオフィサーとして昨年3月にチームに復帰したパディ・ロウが手がける、最初のマシンである。ロウはかつてウイリアムズで活躍。その後メルセデスに移籍し黄金時代を築くが、2016年限りで離脱。2017年からウイリアムズに復帰していた。

 ロウは以前から、マシンの基礎となる部分に”かなりの変化”を加えると発言してきた。

 2017年のウイリアムズは、フェリペ・マッサとランス・ストロールのコンビで83ポイントを獲得し、コンストラクターズランキング5位となった。しかし4位のフォースインディアは187ポイント獲得で、ダブルスコア以上の差をつけられることとなった。

 ドライバーラインアップは、昨年限りでマッサが引退。19歳のストロールは残留している。そのチームメイトとして22歳のセルゲイ・シロトキンが加入。全チーム中最年少のラインアップとなった。リザーブドライバーには、ロバート・クビサが就任している。

 ウイリアムズは当初、新車の開発が遅れているため、最初のテストに間に合わないのではないかとmotorsport.comでは考えていた。しかしながらチームはその遅れを取り戻し、2月26日から始まるバルセロナテストから参加できるようだ。

 その他、これまでに発表されている各チームの新車発表日は、以下の通りとなっている。

2月15日:ウイリアムズ
2月22日:メルセデス、フェラーリ
2月23日:マクラーレン
2月25日:トロロッソ
レッドブル、フォースインディア、ルノー、ハース、ザウバーは未定

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム ウイリアムズ
記事タイプ 速報ニュース