ウイリアムズ、デザインを一新した2018年用ニューマシンFW41を公開

ウイリアムズが、2018年シーズンを戦うニューマシンFW41を公開した。

 ロンドンで2月15日(現地時間)夕刻に行われた発表イベントで、ウイリアムズは2018年仕様のニューマシンFW41を公開した。

 昨シーズンは表彰台1回、合計獲得ポイント83でコンストラクターズランキング5位に終わったウイリアムズは、2018年シーズンに先駆け、最初に実車を公開したチームとなった(ハースは14日にレンダリング画像で2018年マシンを公開済み)。

 このFW41は、昨年初めにメルセデスから移籍してきたパディ・ロウが手がけた最初のマシンとなる。これに伴い、マシンは昨年型のFW40から、大きく変更されているように見える。特に複雑な3D形状となったサイドポンツーンが印象的だ。また、今年から装着が義務付けられたコクピット保護デバイス”ハロ”は、昨年のテスト時同様ホワイトにカラーリングされている。

 今季のウイリアムズは、ランス・ストロールが残留し、F1キャリア2年目のシーズンに挑む。ストロールのチームメイトには、引退したフェリペ・マッサに代わってルーキーのセルゲイ・シロトキンが加入した。また、ラリー中の大怪我により長らくF1シーンから遠ざかっていたロバート・クビサが、リザーブドライバーを務めることになっている。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 Williams FW41 launch
チーム ウイリアムズ
記事タイプ 速報ニュース