ウイリアムズ、FP中のタイヤ返却時間に3秒遅れて134万円の罰金

ウイリアムズはアメリカGPの金曜日に行われたフリー走行でタイヤに関する規則違反をしたことで、1万ユーロの罰金を科された。

 ウイリアムズはアメリカGPの金曜日に行われたフリー走行でタイヤに関する規則違反をしたことで、1万ユーロ(134万円)の罰金を科された。

 F1チームはフリー走行開始から40分後に1組のタイヤをサプライヤーであるピレリに返却することが義務付けられている。

 しかし、ウイリアムズはフェリペ・マッサのタイヤを返却するのに3秒遅れたため、スチュワードに呼び出された。

 FIAはチームを処分し罰金を科したが、今シーズン中に同じミスを繰り返さない限り執行猶予が与えられた。

 声明は以下の通りである。

「これは規則違反としてみなされたが(このチームによるこういった違反は今年二度目である)、たった3秒の遅れにより違反となったため、罰金の執行を猶予する」

 すでにウイリアムズは、タイヤ返却が遅れたためベルギーGPで1万ユーロの罰金を科されている。これは赤旗のタイミングが被ったため、認識の相違により起きたものだった。

ストロールの"一時的な"レースエンジニア 

Luca Baldisserri
Luca Baldisserri

Photo by: Ferrari Media Center

 元フェラーリのチーフエンジニアであるルカ・バルディセリは今週末、ランス・ストロールの"一時的な"のチーフエンジニアとして働いている。

 通常であれば、ストロールのレースエンジニアであるジェームズ・ウルウィンが担当しているが、育児休暇を取っているため、代理としてバルディセリがアメリカにきているという。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 第17戦アメリカGP
サーキット サーキット・オブ・ジ・アメリカズ
チーム ウイリアムズ
記事タイプ 速報ニュース