カルロス・サインツJr.、2018年のルノー移籍が正式に決定

トロロッソのカルロス・サインツJr.は、2018年にルノーへ移籍することが正式に決定した。なおレッドブルとの契約は残したままとなる。

 トロロッソのカルロス・サインツJr.は、2018年よりルノーへ移籍することが決まった。ただしレッドブルとの契約を残したままであり、”レンタル移籍”の形でのルノー入りとなる。

 当初サインツJr.は来シーズンもトロロッソに残留すると考えられていた。しかし、トロロッソのホンダ製パワーユニット使用などに関する複雑な交渉の一環として、この度ルノーへの移籍が決まった。

 今シーズン中にもルノーに移籍するのではないかとの噂もあったサインツJr.だが、シンガポールGPの金曜日に発表されたリリースによると、ニコ・ヒュルケンベルグのチームメイトとしてサインツJr.がルノーでレースを戦うのは来年からになるという。

 ルノーF1のマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、こう話した。

「カルロス・サインツJr.は非常に前途有望なドライバーであり、何度も我々の”レーダー”に引っかかった。特にルノーのジュニアフォーミュラで成功を収めた後はそうだった。2018年にカルロスがルノーのシートを得たというのは、我々にとってポジティブなニュースだ」

「この選択は我々の中期的な戦略の計画に沿ったものだ。ニコとカルロスはトラック内外で互いの良さを引き立てていくことだろう。それにふたりのコンビネーションは我々がもっと上のグリッドにたどり着くために役に立つはずだ」

「カルロスを我々の元に”貸し出して”くれたことについて、ヘルムート・マルコ(レッドブルのモータースポーツアドバイザー)に感謝したい。そして、ジョリオン(パーマー)の今も続く懸命な仕事と、過去2年間の彼の努力にも感謝しなければならない。彼は献身的なドライバーだ。彼のキャリアの次のステップが最善のものになることを願っている」

 またヘルムート・マルコは、以下のように語った。

「カルロスが2018年にルノー・スポールF1チームでドライブすることに関して、合意に至ることができて嬉しい。彼には並外れた才能があり、大いに経験のあるドライバーと共にマニュファクチャラーチームで仕事をすれば、チームの利益になるだろう」

「今回の件によって、カルロスはこれまでとは違ったチャレンジを与えられることになる。彼はレッドブルファミリーの一員のままでいるので、彼の成長を熱心に見ていくつもりだ。これはカルロスにとってもルノースポールF1チームにとっても非常に良い発展だ。それに我々はF1へ新しい才能あるドライバーを連れてくることができるようになる」

「マニュファクチャラーチームでF1ドライバーになるということは名誉なことであり、トラック上でのベストパフォーマンスでもって、私の中にあるルノーへの信頼が報われることを願っている」

「ルノー・スポールF1チームの道程はエキサイティングなものだ。彼らの歴史においてこのような重要な時期に協力できることを誇りに思う」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー カルロス サインツ Jr.
チーム ルノーF1チーム , トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース