カルロス・サインツJr.、FP1前にPU交換で20グリッドペナルティ決定

トロロッソのカルロス・サインツJr.は、新たなパワーユニットを投入したことで日本GP決勝で20グリッドダウンのペナルティを受けることになった。

 トロロッソのカルロス・サインツJr.は日本GPのフリー走行1回目に向けて、6基目のMGU-Hと5基目の内燃機関(ICE)、5基目のターボチャージャーを投入したようだ。

 サインツJr.のマシンに6基目のコンポーネントが使われたのは今季初であるため、MGU-Hで10グリッド、ICEとターボチャージャーでそれぞれ5グリッドの計20グリッド降格のペナルティとなる。

 また、サインツJr.はFP1でクラッシュを喫しており、マシンのダメージ次第ではさらなるペナルティを受ける可能性がある。

 一方、フェラーリのキミ・ライコネンは4基目のICEとMGU-K、コントロールユニット、エナジーストアを投入。ライコネンはこれで、すべてのコンポーネントがペナルティなしで使える4基目となった。

 レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドも、今週末にグリッドペナルティを受ける可能性があると語っている。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 第16戦日本GP
サーキット 鈴鹿サーキット
ドライバー カルロス サインツ Jr.
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース