ピエール・ガスリー、マレーシアGPでのF1デビューが正式決定

トロロッソは、マレーシアGPでピエール・ガスリーがF1デビューすることを正式に認めた。

 トロロッソは、今週末に行われるマレーシアGPで、今季スーパーフォーミュラに参戦中のピエール・ガスリーをF1デビューさせることを決めた。チームはレギュラードライバーのダニール・クビアトを休ませ、そのシートにガスリーを座らせるという。クビアトは今後も、”レッドブルファミリー”の一員であり続けると、トロロッソは強調している。

 トロロッソのチーム代表であるフランツ・トストは、クビアトの欠場を決めた理由について、シンガポールGPでのクラッシュを含む、継続的な不満の結果だと説明する。

「スクーデリア・トロロッソは、ジュニアプログラムの若者たちをF1に導くために、レッドブルによって設立された。そのため、我々はピエールにこのチャンスを与えることになった」

「彼はレッドブルでこの次の機会を手にするポジションにいる。そして、2016年にGP2でチャンピオンを獲得し、今年は日本のスーパーフォーミュラで競争力を発揮することで、それに値することを示した」

「彼はスーパーフォーミュラで、タイトルを獲得するチャンスを手にしている。彼はポイントリーダー(石浦宏明/P.MU / CERUMO・INGING)のわずか0.5ポイント後ろに過ぎないのだ。このドライバー変更により、2018年のドライバー選択において、より詳しい情報に基づいた意思決定を行うことができる」

「ダニール・クビアトは今季ここまで、彼の真の才能を見せられていない。様々な理由があり、そのうちいくつかは技術的な問題だった。しかし、その他は自分自身のミスだ。そういう訳で我々は、次のレースで彼を降ろすことにした」

「これにより、レースの週末にピエールを適切に評価するチャンスが与えられるだろう」

 ガスリーはマレーシアGPと日本GPに出走すると考えられているが、アメリカGPはスーパーフォーミュラの最終戦と日程が重複しているため、出走することはできないと考えられている。

 この知らせを聞いたガスリーは、自身のF1デビューについて、喜びのコメントを発表している。

「モーターレーシングのキャリアにおいて、このチャンスを手にするのを助けてくれた全ての人たちに感謝したい。特にレッドブル、ドクター・ヘルムート・マルコ、そしてトロロッソ……僕にとっては素晴らしいチャンスだ!」

 そうガスリーは語った。

「僕はできる限り最善の準備ができていると感じている。今年はレッドブル・レーシングのサードドライバーとしての役割を果たすため、何にでも準備しなければならなかった。来たるレースでトロロッソとともにうまくやるため、最善を尽くすつもりだ」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 マレーシアGP
サーキット セパン・インターナショナル・サーキット
ドライバー ダニール クビアト , ピエール ガスリー
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース