クビアト、マクラーレンのモンツァでの速さに驚き「ちょっと気がかり」

ダニール・クビアトは、モンツァでマクラーレンがトロロッソと接近戦を繰り広げたことについて「気がかりだ」と語った。

 トロロッソのダニール・クビアトは、マクラーレンのストフェル・バンドーンと、レース中長いこと接近戦を繰り広げた。しかし結局、バンドーンは33周目でリタイアしている。クビアトは最終的に周回遅れながら12位でフィニッシュした。

 そのクビアトはレース後、マクラーレンは今年ホンダのパワーユニットのパフォーマンス不足に苦しんできたにもかかわらず、モンツァで速いマシンを持っていたことに対して「気がかりだ」と語った。

「正直に言えば、マクラーレンでさえ今日は僕らよりも速かった」

 そうクビアトは語った。

「彼らはとても強く見えたと思う」

「彼らはセットアップをコーナーに合わせていたと思う。だから、僕は常に近いところにいることができたし、彼(バンドーン)がトゥ(スリップストリーム)を使って留まることは厳しかったと思う。でも、パラボリカでは彼らは非常に近かった。だから、毎周ラインを閉じなきゃいけなかったんだ」

「それは簡単なことじゃなかった。マクラーレンがこういうコースで僕らの近くにいることができるなんて、ちょっと気がかりだ。僕らにはまだやるべきことがたくさんあるし、クルマの強みを活かすためにも、開発に取り組む必要がある」

 クビアトのチームメイトであるカルロス・サインツJr.は、15番グリッドからスタートして14位でレースを終えた。

「パワーが足りないのを補うため、僕らはライバルたちより大幅にダウンフォースを削っていた」

 そうサインツは語った。

「僕らはストレートではルノーよりもはるかに速かったけど、コーナーでは逆にはるかに遅かった」

「もしトップ10からスタートして、そのスピードを持っていたら、ポジションを保つことができたかもしれない。しかし、15番手スタートだった。そこから回復するペースがなければ、(入賞するのは)不可能だった」

 しかしながらサインツJr.は、レッドブルが力強いペースを発揮していたため、トロロッソの苦戦をパワーユニットのせいにばかりはしていられないと考えている。

「今週末のことについては、ルノーに責任のすべてを負わせるわけにはいかない。レッドブルは最も競争力のあるパワーユニットを持っていなくても、モンツァのようなサーキットでも良かったのだからね」

「僕らは、モンツァに良いパッケージを持ってくることができなかっただけだ。そして、僕らはそれから学び、欠点を見直し、シンガポールに向けて解決しなければならない。僕らは良い成績をあげ始めなければならないし、前に進まなきゃいけないんだ」

Additional reporting by Lawrence Barretto

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 イタリアGP
サーキット Autodromo Nazionale Monza
ドライバー カルロス サインツ Jr. , ダニール クビアト
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース