クビサ、ウイリアムズでのテストを完了。周回数やラップタイムは非公表

シェア
コメント
クビサ、ウイリアムズでのテストを完了。周回数やラップタイムは非公表
執筆: Lawrence Barretto
2017/10/11 22:29

ロバート・クビサはシルバーストンで2014年型のウイリアムズF1マシンを走らせ、自身の回復具合をアピールした。

 ロバート・クビサは、2018年のF1復帰に向け、2014年型のウイリアムズF1マシンをシルバーストンでテストした。

 クビサは2011年のシーズン開幕前、ラリー出走中に大クラッシュを喫し、特に右腕を激しく負傷した。当初はF1への復帰は絶望視されていたものの、昨年サーキットレースへの復帰を果たしたクビサは、来季のF1再デビューに向けてルノーの旧型マシンを走らせ、その後インシーズンテストで最新マシンを走らせるなどした。

 しかしルノーはカルロス・サインツJr.を獲得したため、クビサのF1復帰はやはり難しいと考えられた。ただその後、ウイリアムズのランス・ストロールのチームメイトとして、クビサの名前が急浮上。ポール・ディ・レスタ、フェリペ・マッサ、パスカル・ウェーレインと共に、”シート獲得競争”を繰り広げている。

 ウイリアムズは、クビサの回復具合を確認するため、普段はストロールがサーキットを習熟するために走らせている2014年仕様車を使い、10月11日(水)にシルバーストンでテストを行った。

 ウイリアムズはテストが完了したことは発表したものの、周回数やラップタイムなどの詳細を明らかにすることはなかった。

 チームは場所をハンガロリンクに移し、再びクビサに走行機会を与える予定だ。このテストは、来週のアメリカGPの前に行われると考えられている。その後、ディ・レスタにもテスト走行の機会が設けられる予定だ。

 ウイリアムズは来季ドライバーの決定を急ぐつもりはないものの、シーズン終了までには発表されるものとみられている。

【関連ニュース】

次の F1 ニュース
ホンダ「現在のコンセプトで、他と同じ性能を達成できない理由はない」

前の記事

ホンダ「現在のコンセプトで、他と同じ性能を達成できない理由はない」

次の記事

ハース、サインツJr.の途中移籍を喜ぶ「トロロッソを逆転するチャンス」

ハース、サインツJr.の途中移籍を喜ぶ「トロロッソを逆転するチャンス」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ロバート クビサ
チーム ウイリアムズ
執筆者 Lawrence Barretto
記事タイプ 速報ニュース