ザウバー入りするのはルクレールか? 「まもなく決定」とチーム代表

ザウバーのチーム代表であるフレデリック・バスールは、来季のドライバーラインアップ決定はまもなくであると語る。

 ザウバーのチーム代表であるフレデリック・バスールは、2018年のドライバーをまもなく発表する予定であると語る。そのラインアップは、フェラーリの育成ドライバーであるシャルル・ルクレールやアントニオ・ジョビナッツィが加わる可能性が高いと言われている。

 今季のF2チャンピオンであるルクレールは、すでにザウバーに加入してフリー走行1回目(FP1)のドライブを担当しており、来季のザウバーのドライバー最有力候補であると考えられている。しかし一部の情報筋によれば、最終的な決定はまだなされておらず、依然としてジョビナッツィがチーム入りする可能性もあるとしている。

 締結済みだったホンダとの契約を解除し、フェラーリから最新のエンジンとギヤボックスの提供を受けることを決めたザウバー。しかしチームはこの契約に伴い、フェラーリの若手ドライバーを走らせる義務を負わされていると言われている。その一方で、フェラーリはまだハースにドライバーを押し込むことも諦めていない。

 もしザウバーがフェラーリの育成枠であるふたりのドライバーを受け入れることを決めれば、ザウバーへの投資行っている企業が後押しするマーカス・エリクソンの居場所がなくなってしまうことを意味する。

 こういった板挾み状態にあるザウバー。その最終的な決定は、バスールに委ねられることになったようだ。

「もうまもなくだ」

 ドライバーの決定について尋ねられたバスールはそう答えた。

「我々が今どういう立場にいるのか分かっている。しかし、現時点では我々の側で決定を下すことが最優先事項になっているわけではない。テーブルの上には、様々な課題が山積みだ。しかし、ドライバーはまもなく決定する」

「最終的な締め切りは、バルセロナテストの1週間前だが、ある時点では決定を下す必要がある。しかし、我々は急いでいない。ドライバー市場や他のドライバーのことを、あまり心配しているわけではないのだ」

「我々はドライバーについて、フェラーリと相談している。そして、ひとりを迎え入れることになるだろうと思う。ステップ・バイ・ステップだ。まずはひとり目のドライバーを決め、そしてそのドライバーについて話をしなければいけない。その後、我々はふたり目のドライバーについて話し合いを行う」

 バスールは、投資家からの支援を受けているにもかかわらず、エリクソンのシートを保証することはないと主張した。チームとしては、より大枠で将来を見据えたいというのが、その理由だ。

「ザウバーへの投資が、非常に重要なモノであることは、お分りいただけるだろう。しかし、会社の発展とドライバープロジェクトを関連付けることはできない。来週もしくは来年に結果を残したいと思うドライバーならば、自分のプロジェクトは自分自身で発展させなければならない」

「チームを運営する際には、長期的な視点を持っている必要がある。多くの場合、それは2〜3年のプロジェクトだ。すべてを合わせるのは、簡単なことではない」

「マーカスは、チームにとって素晴らしい資産だ。彼にはF1での経験があり、高い協調性を持っている。我々はすべてのドライバーと話し合う。これまでにふたりのドライバーと連絡を取っていると思う。だから、まもなく決断を下せるだろう」

 またバスールは、商業的な考慮事項を最優先することはないと語った。

「財政的な決定を下すことはない。我々はザウバーで、長期的な計画を持っている。そして、予算額にだけ集中した選択肢に基づいてチームを組み立てることはできない。それは大きな間違いだ」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー アントニオ ジョビナッツィ , シャルル ルクレール
チーム ザウバー
記事タイプ 速報ニュース