ザク・ブラウン「2018年のマクラーレンは大きな変化を遂げる」と示唆

ザク・ブラウンは、2018年のマクラーレンは「グリッド上で最大の変化を遂げるはずだ」と語る。

 マクラーレンのエクゼクティブ・ディレクターであるザク・ブラウンは、2018年のマクラーレンF1マシンは、グリッド上で最大の変化を遂げるだろうと語る。

 長年、シルバーをカラーリングのメインに採用してきたマクラーレン。しかし昨年は長年チームを率いてきたロン・デニスがチームを離脱したことを受け、新たにオレンジをメインとしたカラーリングに変更した。そして、マシンの名称もそれまでの”MP4”を冠する名前ではなく”MCL”として、変革を印象づけた。

 ブラウンがエクゼクティブ・ディレクターに就任して以来、マクラーレンはそれまでとは一線を画した方法で活動し始めている。その一環として、2015年から行動を共にしてきたホンダとの関係を終了させ、2018年シーズンからはルノー製のパワーユニットを使うことになっている。

「クルマは、昨年と同じようには全く見えないだろう」

 そうブラウンはmotorsport.comに対して語った。

「我々の全ブランド、そしてマクラーレンとしての見通しを、次のレベルに引き上げるつもりだ。そして、それはエキサイティングなことになるだろう」

「他の多くのチームがどんな見た目になるのか、大体は分かっている。しかしうまくいけばオーストラリアでのマクラーレンは、コースの内外で最大限の変化を見せることになるだろう」

 昨年復活したいわゆる”パパイヤ・オレンジ”は残ることになるのかと尋ねられたブラウンは、次のように語った。

「我々の歴史については、たくさんの賛同を得ている。しかし、カラーリングがまだ決まっていない。なぜならその多くは、スポンサーの意向に依存しているからだ」

 またブラウンは、2018年用マシンはカラーリングだけでなく、ガレージ内でも大胆なことが進行中であるということを示唆する。

「我々は新しい時代と呼んでいる。我々は新しいガレージのようないくつかの素晴らしいモノを持ち込むつもりだ。近年のマクラーレンができていないことのひとつ、それはリーダーになることなんだ」

「我々のガレージでのことやその他の全ては、他チームと同じように見える。だからステップアップし、オーストラリアでは『マクラーレンが何をしていたか見たか?』と誰からも言われるようにならなければいけない」

「マクラーレンは以前は常にそうだった。でも最近では競争力が劣っていたから、一種の混乱の中にあったのだと思う。だからこそ、人々が羨むようなチームに戻らなければならない。我々はその途中にいると考えている」

 ブラウンはマクラーレンに加入してから、タイトルスポンサーを獲得することが非常に重要であると語ってきた。マクラーレンは2013年にボーダフォンを失って以降、タイトルスポンサー無しで戦ってきたのだ。

 しかしマクラーレンは、まだタイトルスポンサーを見つけることができずにいる。そのためブラウンは”タイトルスポンサー”を獲得するのではなく、スポンサーに多くの露出機会をもたらし、なおかつマクラーレンのブランドを守るため、”プリンシパル(主要な)パートナー”を確保することを検討していることを明らかにした。

「我々はタイトルスポンサーレベルのパートナーを求めている。だから我々がやったのは、”タイトルパートナー”という名称ではなく、”プリンシパルパートナー”という名前に変更することだ。我々は自社の商業価値の全てを検証した。それはレースカーだけではない。レース以外の全て、例えば当社の建物や戦略室といった類のモノもそうだ。そしてマクラーレンが持つ世界を商業化するために最良の方法が何かということを見てきた」

 そうブラウンは語った。

「それを進めることで、”タイトルパートナー”を必要としない計画が策定された」

「プリンシパル、つまり主要なパートナーは依然として必要だ。しかし、それはただ単純にタイトルパートナーが必要ということではない。それは言葉の持つ意味を議論しているだけだということは理解している。しかしそのことは、マクラーレンの名前を保護することに繋がる。私がやりたいことの全ては、我々をマクラーレンとして守っていくことだ」

「スポンサーの名称がチームの名前の一部になるということに、それほど価値があるとは思っていない。しかも共同でのブランド名となった時には、チームの価値を僅かに低下すると私は思う」

 ブラウンはこの戦略が、マクラーレンの商業的な未来をポジティブなモノにしていると語る。

「すでにこれまでに、3つのパートナーと契約を交わした。それはまもなく発表されるし、うまくいけばその数はもう少し増えるはずだ」

 そうブラウンは語る。

「2018年にはスペースが完売することはないだろう。それには時間がかかる。でもチームのコース上での方向性には、本当に満足している。そして我々のドライバーラインアップ、コース外での活動、コマーシャル面、ファンとのマーケティング面での繋がりなどにもね」

「マクラーレンは、素晴らしいブランドを持った、素晴らしい会社だと思う。そういう会社は、最近では不足気味だ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム マクラーレン
記事タイプ 速報ニュース