ザナルディ、リオのパラリンピックで金メダルを獲得

元F1ドライバーでCART王者のアレックス・ザナルディが、パラリンピックで4個目のメダルを獲得した。

 ロータスやウイリアムズからF1に参戦、1997年と1998年にはCARTでもチャンピオンに輝いたアレックス・ザナルディが、リオデジャネイロで行われているパラリンピックの男子ハンドサイクル個人ロードタイムトライアルに参戦。20km競技で2位に2.74秒差をつけ、見事金メダルを獲得した。

 ザナルディは4年前のロンドンパラリンピックにも参戦。これまでにふたつの金メダルと、ひとつの銀メダルを獲得している。今回のリオでの金メダルにより、通算4個目のメダルとなった。ザナルディは現在49歳。この後はハンドサイクルの個人ロードレースとロードチームリレーにも参戦予定で、さらなるメダル獲得も期待される。

 ザナルディは2001年にドイツ・ラウジッツリンクで行われたCART第16戦で大クラッシュに逢い、両脚切断の重傷を負った。回復後はWTCCなどに参戦し、ハンドサイクルにも挑戦。今回の快挙に繋がった。

男子ハンドサイクル個人ロードタイムトライアル(運動機能障害H5)結果
http://www.jsad.or.jp/paralympic/rio/info/schedule.html?sj_page=CRM115101
※日本パラリンピック委員会のホームページに移動します。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1 , General
ドライバー Alex Zanardi
記事タイプ 速報ニュース