シューマッハー最後のモナコGP優勝マシン、約8.5億円で売却される

シューマッハーが最後にモナコGPで優勝したマシンがオークションに出品され、約8.5億円で売却された。

 ミハエル・シューマッハーの最後のモナコGP優勝を飾ったマシンが、マンハッタンでサザビーズ(世界最古の国際競売会社)が開催したオークション『Contemporary Art Evening Sale』に出品され、これまでに売れた現代F1マシンの中での最高価格である約8億5000万円で落札された。

 この売上から得られる利益の一部は、元の所有者からシューマッハーの『Keep Fighting』財団に寄付されることになっている。

 このマシンは、シューマッハーが最後にモナコGPで優勝したマシンということだけではなく、彼が2001年にハンガリーGPで優勝し、4度目のタイトルを獲得した時に乗っていたことでも有名である。

 シューマッハーは2001年に9勝を挙げ、2年連続のタイトルを獲得した。またこの年は、ランキング2位でシーズンを終えたマクラーレンのデイビット・クルサードに倍近いポイント差をつけてのタイトル獲得となった。

 また700万ドル(約8億5000万円)という価格は、当初の予想である400万ドル(約4億5200万円)をはるかに上回るものだった。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー Michael Schumacher
チーム フェラーリ
記事タイプ 速報ニュース