F1
28 3月
イベントは終了しました
16 4月
次のセッションまで……
19 時間
:
41
:
37
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
14 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
20 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
34 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
48 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
55 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
69 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
76 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
90 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
104 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
132 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
139 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
146 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
160 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
167 days
07 10月
次のセッションまで……
174 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
188 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
195 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
203 days
03 12月
次のセッションまで……
231 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
240 days

シンガポールでのペナルティは? ホンダからの報告を待つマクラーレン

マクラーレンは、イタリアGPでトラブルが起きたMGU-Kを交換する必要があるか、ホンダからの報告を待っている。

シンガポールでのペナルティは? ホンダからの報告を待つマクラーレン
Stoffel Vandoorne, McLaren MCL32
Stoffel Vandoorne, McLaren MCL32
Fernando Alonso, McLaren MCL32, Jolyon Palmer, Renault Sport F1 Team RS17
Stoffel Vandoorne, McLaren MCL32

 マクラーレンは、シンガポールGPでストフェル・バンドーンがパワーユニット交換のペナルティを受ける必要があるのかどうか、ホンダからの報告を待っているという。

 公道コースで行われるシンガポールGPは、ハンガリーなどハイダウンフォースのサーキットで好成績を残してきた今季のマクラーレンにとって、ポイントを獲得する大きなチャンスである。

 そのためマクラーレンは、ベルギーGPとイタリアGPで新規のパワーユニットを投入しグリッド降格ペナルティを受けることで、シンガポールに向け万全の体制を整えてきた。しかしイタリアGPではストフェル・バンドーンのMGU-Kにトラブルが発生してしまった。

 ホンダはシャフトを交換すればペナルティを受けることなくシンガポールGPに出走できると示唆していたが、この修理が完了したかどうか、マクラーレンは報告を待っているという。

「シンガポールは、今年のベストチャンスのひとつだ」

 マクラーレンのレーシングディレクターであるエリック・ブーリエはそう語る。

「我々はここでグリッド降格ペナルティを受けることを避けるため、努力してきた。ストフェルはモンツァでリタイアしてしまったが、新しいパワーユニットのエレメントを使う必要はないはずだ。しかしこれはまだ、正式には確認できていない」

 ホンダはイタリアGPで、小さなアップデートを施したパワーユニットを投入した。このパワーユニットは、苦戦すると予想されていたモンツァで、バンドーンが予選Q3に進出するのを助けた。

 ブーリエは、シンガポールGPに向け、強気の姿勢を見せる。

「ブダペストの次にベストなグランプリだ」

 そうブーリエは語った。

「シンガポールでは、2台のクルマが揃ってQ3に進出するのを目標にしなければならない」

【関連ニュース】

シェア
コメント
メルセデス、シンガポールは”フェラーリ&レッドブル向き”と認める

前の記事

メルセデス、シンガポールは”フェラーリ&レッドブル向き”と認める

次の記事

ヒルトン東京お台場に、マクラーレンとコラボのスイートルーム登場

ヒルトン東京お台場に、マクラーレンとコラボのスイートルーム登場
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント シンガポールGP
ロケーション シンガポール市街地コース
ドライバー ストフェル バンドーン
チーム マクラーレン
執筆者 Jonathan Noble