F1
28 3月
イベントは終了しました
16 4月
次のセッションまで……
1 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
15 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
21 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
35 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
49 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
56 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
70 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
77 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
91 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
105 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
133 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
140 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
147 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
161 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
168 days
07 10月
次のセッションまで……
175 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
189 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
196 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
204 days
03 12月
次のセッションまで……
232 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
241 days

ジェンソン・バトン「来年スーパーGTでレースをするかも……」と発言

ジェンソン・バトンは、2017年に日本のスーパーGTに参戦する可能性があるようだ。

ジェンソン・バトン「来年スーパーGTでレースをするかも……」と発言
決勝レーススタートシーン
Jenson Button, McLaren signs autographs for fans
Jenson Button walks in the pit lane with trainer Mike Collier
Jenson Button, McLaren leaves the garage
Jenson Button, McLaren in the pit lane
Ron Dennis, Executive Chairman, McLaren Automotive, with Stoffel Vandoorne, Test and Reserve Driver and Jenson Button at the announcement that Jenson will step down from a race seat in 2017 Stoffel Vandoorne will step up into a race seat

 マクラーレンは先日、2017年のドライバーラインアップを発表。フェルナンド・アロンソのチームメイトには、ストフェル・バンドーンを迎えることが明らかになった。そしてジェンソン・バトンは、2017年はF1に参戦しないことも併せて発表されている。

 しかしバトンは、これは引退ではなく、2018年にF1に復帰する可能性を示唆している。彼は2017年は自分の好きなようなスケジュールに沿って生活したいと語るが、その一方でラリークロスやスーパーGTに参戦することも可能だと語っている。

「僕は友人たちや家族、そして他のことに時間を使いたいと思っている。トライアストンが大好きなんだけど、ラリークロスやスーパーGTのようなレースにも参戦するつもりだよ」

 バトンはシンガポールGPのプロモーションイベントでこのように語ったと、ロイターが伝えている。

「非常に多くの選択肢がある。とてもエキサイティングだよ。なぜなら来年は、僕が望むように人生を楽しむことができるんだからね。僕はレースをしたいと感じたならば、2018年にレースに復帰できる契約を締結しているんだ」

「僕は17年間、F1をドライブしてきた。大人になってからずっとその生活なんだ。だから僕は1年間、F1にスケジュールが影響されない生活をしたいんだ」

 もしバトンのスーパーGT参戦が実現すれば、日本のファンにとっては朗報とも言える。果たして、参戦は実現するのだろうか?

シェア
コメント
ディズニーがF1ライブ配信の未来に影響を及ぼす?

前の記事

ディズニーがF1ライブ配信の未来に影響を及ぼす?

次の記事

ルノー「2015年シャシーにしては頑張っている」一方、来季用PUのベンチテストに着手

ルノー「2015年シャシーにしては頑張っている」一方、来季用PUのベンチテストに着手
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ジェンソン バトン
チーム マクラーレン
執筆者 Pablo Elizalde