ストロール、今季を振り返る「僕を批判する人を結果で見返せた」

ルーキーシーズンについて振り返ったストロールは、自分を批判する人に対し結果で見返すことができたと考えている。

 ウイリアムズのランス・ストロールは、ルーキーシーズンにも関わらず表彰台に上がり、年間で40ポイント獲得した。この結果に対し、自分を批判する人に結果で見返すことができたと考えている。

 昨年ヨーロッパF3選手権で王者となったストロールは、今シーズンからF1に参戦し始めた。しかし、開幕から3レース連続で全てリタイアに終わり、なかなかポイントに届かなかった。

 ジャック・ビルヌーブは同郷であるストロールに対し批判的であり、リタイアが続いた今季序盤はフェリペ・マッサが成し遂げた仕事と比べると"見ていられないほど哀れ"なものだったと示唆していた。

 しかしストロールはその後の母国戦カナダGPで初ポイントを獲得。さらに、アゼルバイジャンGPでは表彰台に上がるなどして、全7戦でポイントを獲得している。

 今シーズンで自分を批判する人を見返すことができたかどうか訊くと、ストロールは次のように答えた。

「僕はできたと思うよ。実際に結果を出したんだ」

「そういう人たちが結果を見たくないのであれば、それは彼らの問題だ。僕は自分を批判する人たちに証明するために走ることはないだろう。僕は自分のために結果を出したんだ。今年1年間はそれが僕のモチベーションだった」

「自分を批判する人に認められるためじゃなく、できる限り最高の結果を出し、良い仕事ができるということを自分のために証明したいんだ。それは僕の中でぶれなかったし、8ヵ月前に苦しんでいた僕もそう思っていた」

 ストロールは、ドライバーズランキングでマッサから3ポイント差の1ランク下である12位となった。

「素晴らしい年だった」とストロール。

「僕たちは間違いなく素晴らしい結果を出し、いくつかの記録を破った」

「40ポイント獲得し、年間12位となったのだから、ルーキーシーズンの序盤でもポイントを獲得できていれば、もっと良い結果を残せたと思う」

「もちろん、この冬の間に改善してもっと強くならなくてはいけない。その時、今年の経験は助けになってくれるだろう。僕のルーキーシーズンは本当に良かったと思う」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ランス ストロール
チーム ウイリアムズ
記事タイプ 速報ニュース