セナ最後のモナコGP優勝マシン『MP4/8』が5月のオークションに出品

アイルトン・セナが1993年にモナコGPで優勝を飾ったMP4/8の”シャシーナンバー6”が、オークションにかけられることになった。

 アイルトン・セナが最後にモナコGPを優勝した際に駆ったマクラーレンMP4/8が、5月に行われるオークションに出品されることになった。

 1993年、黄金時代を過ごしたマクラーレンとの最後のシーズンを戦ったセナは、5勝をマークしたもののランキング2位。チャンピオンを獲得したウイリアムズのアラン・プロストとは16ポイント差に終わった。

 1992年限りでホンダがF1から撤退し、フォードHB V8エンジンを搭載したマクラーレンMP4/8。オークションに出品されるのはこのマシンの”シャシーナンバー6”だ。このシャシーは、セナがモナコ6勝目を記録した時に使われたものであり、彼のモナコの最多勝記録はいまだ破られていない。

 また、このシャシーのデビューは第5戦スペインGP。プロストの後ろ2位でゴールしている。最後にレースで使用されたのは第13戦のイタリアGPで、マーティン・ブランドルに追突したセナはリタイアとなっている。計8戦で使われたこのシャシーは、セナが優勝を飾った日本GPとオーストラリアGPではスペアカーとして準備されていた。

 オークション会社のボナムズによれば、このMP4/8の保存状態は”驚くほど”良く、走行可能な状態だという。

 ボナムズは落札予想価格を発表してはいないが、5月11日にモナコで行われるオークションでは数百万ドル以上の値がつくと予想されている。

 昨年11月には、ミハエル・シューマッハー最後のモナコGP優勝マシン『フェラーリF2001』が700万ドル(約8億5千万円)で落札されており、オークションに出品された現代F1マシンの中での最高額となっている。

 ボナムズの国際モータースポーツ部門トップであるマーク・オズボーンは「アイルトン・セナは近代のグランプリドライバーの中で最もカリスマ的存在であり、MP4/8はフェラーリ以上にF1の歴史の中で成功を収めているマクラーレンのマシンだ」と語った。

「特にこの”シャシーナンバー6”はモナコマイスターであるセナの伝説と結びつきがある。ボナムズで、歴史上最も特別な意味を持ったこの1台を扱うことができて、光栄だ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
記事タイプ 速報ニュース