F1
28 3月
イベントは終了しました
16 4月
次のセッションまで……
22 時間
:
32
:
42
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
14 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
20 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
34 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
48 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
55 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
69 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
76 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
90 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
104 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
132 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
139 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
146 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
160 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
167 days
07 10月
次のセッションまで……
174 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
188 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
195 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
203 days
03 12月
次のセッションまで……
231 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
240 days

タイヤに悩まされるバトン「ミディアムが良いタイヤだとは思えない」

バトンはメキシコGPの路面と、それぞれのタイヤコンパウンドについて語った。

タイヤに悩まされるバトン「ミディアムが良いタイヤだとは思えない」
Jenson Button, McLaren MP4-31
Jenson Button, McLaren MP4-31 with flow-vis paint
Jenson Button, McLaren MP4-31 with flow-vis paint
Jenson Button, McLaren F1
Jenson Button, McLaren MP4-31 locks up under braking

 メキシコGPの金曜日では、多くのドライバーがグリップ力不足に苦戦した。走行開始からサーキットは非常にダスティであり、彼らはしばらく間、サーキットを掃除しなければならなかった。

 マクラーレンのジェンソン・バトンは、3つのタイヤコンパウンドをうまく機能させることができず、厳しい状況だったと話した。

「スーパーソフトはあっという間にダメになった」

「しかもスーパーソフトコンパウンドがどんなものなのかわからなかったよ。レーススタート時にスーパーソフトを履いていたら4~5周でダメになって、早めのピットインをさせられることになると思う」

「それは誰にとっても同じことだ。僕たちはそのバランスを取るために作業している。このサーキットではこれ以上の良いグリップを感じ取ることができないと僕は思う。それでも僕たちはまだ何か改善できるように取り組んでいるよ。ロングランはトリッキーだった」

 バトンはミディアムタイヤが決勝で主力のタイヤとなるにもかかわらず、非常に低いグリップに悩まされることを示唆した。

「確かにミディアムは持続力の高いタイヤだよ」と彼は話した。

「僕たちはまだそのタイヤのデグラデーションを見ていない。でもね……僕はそれが良いタイヤだと思えないんだよ。他の2本よりマシだから使うんだと思う」

「あまり良くないよ。おそらく最善策なんだろうけど、低グリップタイヤだよ、あれは。でもそんなにすぐタレたりしない。一方のスーパーソフトタイヤは、1ラップしただけですぐにデグラデーションが始まる」

「厳しい戦いだよ。でもその難しさがレースを面白くしてくれる」

【関連記事】

スーパーソフトでの速さが足りないレッドブル。リカルド「もっと改善する必要がある」

シェア
コメント
スーパーソフトでの速さが足りないレッドブル。リカルド「もっと改善する必要がある」

前の記事

スーパーソフトでの速さが足りないレッドブル。リカルド「もっと改善する必要がある」

次の記事

ハース、今週末は通常と異なるブレーキパーツを使用

ハース、今週末は通常と異なるブレーキパーツを使用
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント メキシコGP
ロケーション アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス
ドライバー ジェンソン バトン
チーム マクラーレン
執筆者 Pablo Elizalde