「チームオーダーを排除すべき」ペレス”自由なバトル”の必要性を主張

今季同士討ちを繰り返したペレスとオコン。その当事者であるペレスは、他チームの脅威に打ち勝つためにも、来季は自由に戦うべきだと主張する。

 セルジオ・ペレスは、来季多くのチームが競争力を上げてくると考えており、それらのライバルに打ち勝つためには、フォースインディアは来季”チームメイトバトル禁止”のチームオーダーを排除し、ドライバー同士に自由に競争させるべきだと主張している。

 ペレスと彼のチームメイトであるエステバン・オコンは、今季複数回にわたりチームメイト同士での接触を繰り返した。その結果フォースインディアは、チームメイト同士によるバトルを禁止することになった。

「来季がどのくらい厳しい戦いになるのか、僕らは理解しなければならない」

 ペレスはそうmotorsport.comに対して語った。

「ルノーとマクラーレンは、来季僕らの脅威となるだろう。その戦いに打ち勝つためには、僕らは自由に走る必要がある」

「僕らはまた、シーズン最初から戦い、そしてシーズンを通して戦闘力を発揮するために、はじめから競争力のあるマシンを持っている必要がある」

 ペレスはベルギーGPでの”同士討ち”以降、オコンとの関係は改善していると語り、それぞれが自らの立ち位置をわきまえていると語る。

「ベルギーでは、僕らの関係は最悪だった」

 そうペレスは語った。

「しかしそれ以降、状況はずっと良くなっている」

「僕らはプロとして働いている。チームのために働かなきゃいけないことを知っているし、特に来年に向けては、彼らのために最善を尽くさなければならない」

「今苦しんでいるビッグチームからの脅威を考えると、それは難しい挑戦になるだろう」

 ペレスは今季、ドライバーズランキング7位でシーズンを終えた。一方でオコンは、フォースインディア加入1年目、F1フル参戦も1年目だったにもかかわらず、ランキング8位。ペレスとのポイント差はわずか13だった。

 そのオコンの働きぶりについて、ペレスは次のように賞賛した。

「彼は以前のカテゴリーと、それまでの複数のF1チームとの関係性により、よく準備されてF1にやってきた。それは僕らにとってもとても良いことだった」

 そうペレスは語る。

「すべてのドライバーの個性・魅力は異なる。確かに、エステバンは速くなれる人物だ。彼は必要なことを理解している。それは重要なことだ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー エステバン オコン , セルジオ ペレス
チーム フォースインディア
記事タイプ 速報ニュース