テスト実施は可能なのか? 関係者から”雪のバルセロナ”の報告続々

28日、バルセロナでのF1合同テスト3日目を迎えるが現地は寒波に襲われており、テスト実施が危ぶまれている。

 F1のオフシーズン合同テストが行なわれているバルセロナ。しかしテスト3日目に当たる今日、現地は朝から雪が降っており、その様子がSNSを通じて報告されている。

 テスト初日の月曜日の時点ですでに、この3日目の降雪によるテスト実施が懸念されており、各チームは日程延期を視野に入れて協議を進めてきた。

 最終的に今日の走行がどうなるかはまだ発表されてはいないが、SNS上では各ドライバーや関係者が現地の様子をSNSに公開している。

 ルノーの公式ツイッターは『おはようございます皆さん……雪です!!』というコメントと共に雪が降るパドックでの動画を公開した。

 ザウバーのマーカス・エリクソンは、同じく雪の降るサーキットの動画を”ラリースウェーデン”のタグをつけ公開。『バルセロナで故郷のスウェーデンを思い出させてくれてありがとう。スパイクタイヤが必要だ』とコメントしている。

 予定では、日本時間の17時からテスト3日目のセッションがスタートことになっている。

 
コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 バルセロナF1公式テスト:前半
サブイベント 3日目(水曜日)
サーキット サーキット・デ・カタルニア
記事タイプ 速報ニュース