テスト4日目に147周。ガスリー「マシンとホンダPUの両方に満足」

29,049 見る

第1回目のバルセロナ合同テスト最終日に、ドライバーでは最多となる147周を走ったガスリーは、マシンとPUの両方に満足している。

 第1回目のバルセロナ合同テスト、最終日となる4日目の走行が終わった。この日は午前中こそ夜中降り続いた雨の影響でウエットコンディションだったが、路面は次第に乾き、各車が順調に周回を重ねることとなった。

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、この日147周を走破。ドライバーとしては、最も多くの距離を走った(チームとしてはマクラーレンの161周が最多)。

「今日はとても多くの周回を走ることができ、本当に満足している!」

 ガスリーはチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「僕にとっては、このクルマでテストするのは2日目ということになる。だから、まだたくさんのことを学んでいる最中だ。そして、メルボルンで最大限のパフォーマンスを引き出すために、正しい方向性を見つける必要がある」

「チームにとっても僕にとっても、これほど多くのことを学べたのはとても重要だった。2回目のテストまでの数日間で、すべてのことを調べなきゃいけない。でも、とてもポジティブな1日だった」

 そのガスリーは、ホンダのパワーユニットを賞賛する。

「エンジンの信頼性は素晴らしいと思う。147周という数字は、ここでのレース距離の2倍以上だ。そして何の問題も発生しなかった。これを続けていけることを願っている」

「マシンの第一印象も、ポジティブだと言わなければならない。僕はクルマとエンジンの両方に満足しているんだ」

 とはいえガスリーは、まだ残された仕事はたくさんあると示唆する。

「来週のテストまでに、いくつか新しい開発を行うべきだ。最初のレースに向けて可能な限り準備するために、僕らは日々マシンを改善していくつもりだ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 バルセロナF1公式テスト:前半
サブイベント 4日目(木曜日)
サーキット サーキット・デ・カタルニア
ドライバー ピエール ガスリー
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース