F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
2 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
16 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
22 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
36 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
50 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
57 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
71 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
78 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
92 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
106 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
134 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
141 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
148 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
162 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
169 days
07 10月
次のセッションまで……
176 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
190 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
197 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
205 days
03 12月
次のセッションまで……
233 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
242 days

トロロッソの復活は "1戦限り" だと考えるマクラーレン

マクラーレン代表エリック・ブーリエは、トロロッソの優れたペースは ”今週限り” だと考えている。

トロロッソの復活は "1戦限り" だと考えるマクラーレン
Jenson Button, McLaren MP4-31
Jenson Button, McLaren Honda
Carlos Sainz Jr., Scuderia Toro Rosso
Jenson Button, McLaren Honda
Daniil Kvyat, Scuderia Toro Rosso

 マクラーレンはコンストラクターズ選手権で、トロロッソと6位の座を争っている。マクラーレンの進歩と、トロロッソがいくつかの週末で不調に終わったために、マクラーレンはスパでトロロッソの前に出た。マクラーレンは今季48ポイントを獲得しており、トロロッソを3ポイント上回っている。

 しかしながら、シンガポールではトロロッソが復調し、6番と7番グリッドを獲得。一方のマクラーレンは、9番手と12番手から決勝をスタートする。

「我々の目標ははっきりしている。トロロッソを倒すために努力し、チャンピオンシップでのリードを広げることだ」とmotorsport.comにマクラーレンのエリック・ブーリエは語った。

「彼らは我々の前にいるが、このトラックレイアウトで、彼らは良い仕事をしたのだと思う」

「正直に言うと、1戦限りのことだと思っている。しかし明日は、最低でも良いスタートを切れるように、我々のベストを尽くすよ」

 ブーリエは、レースの中でマクラーレンがポイントを稼ぐことができると自信を持っている。

「グリッドの先頭2列目までは、少し緊迫状態にあるかもしれないし、何が起こるかわからない。良い戦略で戦うことができれば、間違いなく彼ら(トロロッソの2台)を倒すことができるよ。例えば、彼らはセーフティカーが出てもダブルピットインできない、とかね」

「だから、彼らに対してポイントを失わないってチャンスはたくさんあるし、もしかしたら、リードを保つことも可能かもしれない」

シェア
コメント
ベッテル、エンジンとギヤボックスを交換

前の記事

ベッテル、エンジンとギヤボックスを交換

次の記事

F1シンガポールGP決勝:冷静なピット判断でリカルドを振り切ったロズベルグがポールトゥウィン!

F1シンガポールGP決勝:冷静なピット判断でリカルドを振り切ったロズベルグがポールトゥウィン!
コメントを読み込む