トロロッソの2018年ラインアップ、決定と考えるのは時期尚早!?

トロロッソのトスト代表は、来季のラインアップがガスリー&クビアトに決定したと考えるのは時期尚早であると主張する。

 トロロッソのチーム代表であるフランツ・トストは、2018年のドライバーラインアップがピエール・ガスリーとダニール・クビアトで決定だとするのは時期尚早であると主張する。

 ガスリーは、クビアトのシートを奪う形でマレーシアGPでF1デビューを果たし、日本GPでも完走してみせた。次戦アメリカGPについては、ガスリーが今季フル参戦するスーパーフォーミュラの最終戦を日程が重複しているため出走については不透明だったが、それ以外の全戦に参戦し続けるものと考えられていた。

 しかし来季からのルノー移籍が決まっていたカルロス・サインツJr.が、次戦アメリカGPから前倒しでルノー入りすることが決まったため、同グランプリのトロロッソは、ガスリーのチームメイトにクビアトを呼び戻し、レースを戦うとみられているが、まだ最終決定はなされていない。ただそれが現実となった場合には、ガスリーはスーパーフォーミュラ最終戦に出ることができず、今季のタイトルも諦めることになる。

 また、来季のラインアップについてもガスリーとクビアトになる可能性が高いと見られているが、チーム代表のトストは、まだ何も決まっていないと主張する。

「今のところ、来年はオープンなままだ」

 トストはmotorsport.comに対してそう語った。

「様子を見ることにしよう。我々にはまだ時間がある。レッドブルは、これについて急ぐ必要はないんだ」

「オースティンで何が起きるか、今は待つしかない。他には何も言うことはないよ」

 またトストは、レッドブル育成以外のドライバーを探す可能性は低いと語った。

「選択肢は常にあるが、問題は指針に沿っているかどうかだ。常にトロロッソの指針は、レッドブルのドライバーを走らせるということだ」

 そうトストは付け加えた。

「ドライバーは、最終的にはレッドブルが決定する」

 またトストは、2レース欠場せざるを得なかったことについて、クビアトは明らかに挫折を感じていると語った。

「もちろん、すべてのドライバーはレースに出走できなかった時には失望を感じている。しかし、そこには何らかの理由がある」

 そうトストは語った。

 またトストは、サインツJr.がシーズン中に移籍することになった件についても、次のように語った。

「彼がルノーに行くことが決まった。それ以上何も言うことはない。それが契約の一部だった」

「トロロッソとルノーの間の既存の契約を破棄することの補償として、我々は彼をルノーに捧げた。そういう交渉がされていたから、予期されていたことだ」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ダニール クビアト , ピエール ガスリー
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース