トロロッソ代表「クビアトはもはやレッドブルの一員ではない」

トロロッソのトスト代表は、クビアトのレッドブル離脱を認め、来季ハートレーとガスリーが正ドライバーになる可能性が高いと語った。

 トロロッソのチーム代表であるフランツ・トストによると、2018年のラインアップはブレンドン・ハートレーとピエール・ガスリーになる可能性が高いという。また、アメリカGPを戦ったダニール・クビアトは、もはやレッドブルのプロジェクトから離脱したと語った。

 マレーシアGPと日本GPでトロロッソのシートを失ったダニール・クビアト。前戦アメリカGPで1戦に限って復帰を果たしたものの、メキシコGPでは再びそのシートを失うこととなった。トスト代表は、クビアトはすでにレッドブルの一員ではないと語ると共に、現在のふたりのドライバーを2018年に起用することを目指しているという。

 ハートレーとガスリーを起用したいと考える理由について尋ねると、トスト代表は次のように語った。

「どちらのドライバーも、レッドブルのドライバーだからだ。そして、いずれも高いスキルを持っている」

「ふたりが2018年のドライバーラインアップになる可能性が非常に高いため、それに向けて今季残りのレースで試してみたい」

 トスト代表は、トロロッソでの最初のレースで大きな可能性を示したことに疑いはなく、将来チームに多くをもたらすことができると確信していたという。

「ブレンドンは非常に高度な技術を持つドライバーであり、高い競争力を持っている」

 そうトスト代表は語る。

「彼が戻ってきたことをとても嬉しく思っている。我々は彼に競争力のあるマシンを与え、そして彼はF1で成功するために戦うことになるだろう」

「私は来年、我々が競争力のあるパッケージを手にして、彼が勝利や他のポジションを争えるようになることを願っている」

ハートレーの奇跡的なカムバック

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、ガスリーとハートレーのコンビがチームをさらに進化させる可能性があると示唆した。

「フランツのチームのふたりのドライバーは、レッドブル・レーシングの将来のエキサイティングな見通しを示している」

 そうホーナーは語る。

 またホーナーは、一度はレッドブルの育成ラインアップから外れたハートレーが、再び復活を果たしたことを称賛した。

「ブレンドンはレッドブルのジュニアプログラムで、その”人生”をスタートさせた。その彼のストーリーは、実に素晴らしいものだ」

 そうホーナーは語った。

「彼は早い段階で、このプログラムから外れた。しかし彼はそれに後悔しなかったし、『酷い扱いを受けたことはない』と言った。当時、彼はレッドブルに対して感謝さえした」

「彼はその後、ミニのレースをしたり、ヒストリックF1レースに出走したりした。そして、彼は自分が信じていることを続けていく情熱と誓いを示した」

「後に彼はレッドブルとの関係を再開し、ポルシェのスポーツカーチームに入った。そして世界チャンピオンになり、今年もタイトルに向けて戦っている」

「彼がトロロッソの選択肢に入るポジションに自身を持ってきたのは、彼の決意と執念と技術と才能の証だ」

クビアトの離脱

 クビアトはアメリカGPでトロロッソのマシンをドライブし、10位に入賞。貴重な1ポイントを持ち帰った。しかし彼はレース後、再びこのチームのためにレースをすることはないだろうと語った。

 トスト代表もこれについてコメント。クビアトはもはやレッドブルのプログラムの一員ではないと認めた。

「彼はもう、レッドブルとは何もない。だから、彼はやりたいと思うことを自由にすることができる」

 そうトストは語った。

「彼はもはや、レッドブルとも、そしてトロロッソとも関係ないのだ」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ブレンドン ハートレー , ダニール クビアト , ピエール ガスリー
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース