F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
5 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
19 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
25 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
39 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
53 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
60 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
74 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
81 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
95 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
109 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
137 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
144 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
151 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
165 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
172 days
07 10月
次のセッションまで……
179 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
193 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
200 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
208 days
03 12月
次のセッションまで……
236 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
245 days

トロロッソ「シンガポールGPが、クビアトにとって好転のチャンスになれば良い」

トロロッソのチーム代表であるフランツ・トストは、予期せぬ今回の結果にとても満足している。

トロロッソ「シンガポールGPが、クビアトにとって好転のチャンスになれば良い」
Carlos Sainz Jr., Scuderia Toro Rosso
Carlos Sainz Jr., Scuderia Toro Rosso STR11
Daniil Kvyat, Scuderia Toro Rosso
Carlos Sainz Jr., Scuderia Toro Rosso
Daniil Kvyat, Scuderia Toro Rosso STR11
Daniil Kvyat, Scuderia Toro Rosso STR11

 トロロッソは、非常に厳しいベルギーGPとイタリアGPを過ごしていた。なぜなら、彼らは型落ちのフェラーリ製パワーユニットしか使うことができず、トークンよるアップデートもないため、パワー面ではライバル勢に大きく劣っていたのだ。しかしシンガポールGPでは、彼らのシャーシの性能を存分に活かすことができている。

「もともとスパ(ベルギーGP)とモンツァ(イタリアGP)が、厳しいレースになることは想定していた。高速サーキットを、昨シーズンのパワーユニットで戦わなければならない状況だったからだ」

 トロロッソのチーム代表であるフランツ・トストは、そうmotorsport.comに語った。

「だからシンガポールGPでのパフォーマンスには期待していた。しかし期待していたといえども、正直な話、予選で6位と7位になれるとは本当に想像もしていなかった! Q3に1台入って、もう1台はQ2の上位くらいになればいいと思っていたんだが、2台ともQ3に入った。今日の我々の目標は完全に達成した。しかし、本番は明日だ」

 またダニール・クビアト(トロロッソ)にとって今回のレースが、スランプから脱するきっかけになることをトストは期待している。

「ダニールの自信を後押しするレースが必要だと思っていたから、私は今回のことを本当に嬉しく思っている。明日も良いレースになることを願っているよ。彼の頭の中がクリアになれば、我々の知っている本来のパフォーマンスを、ダニールは発揮出来るようになるだろう」

「彼はGP3のタイトルを獲得した経験がある。きっとそうなるに違いない。明日、彼が良いレースをして、その後もいくつかの良いレースを継続的に積み重ねられれば、将来的に本来の彼が戻ってくることを私は確信しているよ」

 今回のレースでトロロッソのふたりがポイントを重ねることができれば、コンストラクターズランキング6位を争うマクラーレンに近づき、そして追い越すことができるかもしれない。トストはこの点についても、チームにとって重要性の高いことを強調した。

「我々は明日、走りきることが重要だ。なぜならポイントを必要としているからね。シンガポールGPでは、ライバルのマクラーレンの前に出るチャンスがあると思っている。小さなポイントでも全て必要だ」

「ただ第一に願っていることは、彼らに良いスタートを切ってもらうことだ。昨シーズンのシンガポールGPで、マックス(フェルスタッペン)が5位からスタートしたんだが、エンジンがストールしてしまった。だから今回彼らには、最初のラップを頑張って生き残って欲しいと思う。その後は見守ることにするよ」

 一方、今回のレースでは2台のマシンで異なるパッケージを搭載しており、クビアトの方に古いバージョンが入っている。それでも結果がほぼ同一だったことは、興味深い側面といえよう。

「皆が知っているように、予選は2台ともしっかり仕事をしていた。技術面の詳細やアップグレードについて話すことはない。なぜなら結果が物語っていて、そこには議論する価値もないからだ」

シェア
コメント
セルジオ・ペレスに8グリッド降格ペナルティ:F1シンガポールGP

前の記事

セルジオ・ペレスに8グリッド降格ペナルティ:F1シンガポールGP

次の記事

バトン、ウォールに接触しQ2でストップ。しかし決勝に期待

バトン、ウォールに接触しQ2でストップ。しかし決勝に期待
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント シンガポールGP
ロケーション シンガポール市街地コース
ドライバー カルロス サインツ Jr. , ダニール クビアト
チーム アルファタウリ・ホンダ
執筆者 Adam Cooper