トロロッソ、ホンダとの効率的な意思疎通目指しチームスタッフを”特訓”

トロロッソのスタッフは、ホンダとの新たなパートナーシップが開始されるのに先駆け、効果的にコミュニケーションを取るための特訓を行ったという。

 トロロッソは、新たなパートーナーであるホンダとのシーズン開幕を迎える前に、効率的なコミュニケーションの実現を目指し、チームスタッフを”特訓”をしたとチーム代表のフランツ・トストは明かした。

 2015年にホンダがF1復帰してから3年間、マクラーレン側とのコミュニケーションは常に重大な問題点のひとつだった。2018年から新たにホンダと提携するトロロッソは、同じ問題を繰り返したくないと考えている。

 トロロッソの2018年用マシンSTR13が発表された後、トストはチームの拠点でスタッフが日本の文化を理解するための特別セミナーが開かれたと明かした。

「実際、ホンダとの関係は素晴らしいものだ」とトストは述べた。

「コミュニケーションの面でも問題はない」

「トロロッソは、ホンダとの提携に向けて準備を進めていた。拠点のファエンツァでホンダという日本の企業とのコミュニケーションの取り方についていくつか”レッスン”を行った」

「(トロロッソとホンダは)全く違う文化なので、彼らの考え方を理解しておくことは役に立つ。実際、それらのセミナーは本当にポジティブな結果を生んでいる」

「それが、トロロッソとしての完全に新たなスタートだった。我々はホンダのワークスチームとなったのだ」

「トロロッソにとって、ホンダのような大企業と仕事をすることは大きなアドバンテージとなる」

 先週、トロロッソはミサノでSTR13のシェイクダウンを行った。走行はトラブルなく終了し、チームは順調にスケジュールを消化した。

 トロロッソのテクニカルディレクターであるジェームス・キーは、シェイクダウンはうまくいき、予定よりも早く完了することができたと語った。

 トストはホンダのパワーユニットの信頼性とパフォーマンスにポジティブな感触を持っており、これまでのホンダの働きに感銘を受けているようだ。

「パワーユニットは非常によく機能し、何も問題を抱えていない」とトストは付け加えた。

「我々が望むようなレベルのエンジンを今後開発していく能力とノウハウが、ホンダにはあると私は確信している」

「ホンダはこの数カ月で、信頼性とパフォーマンスの両面で大きな進歩を遂げたため、私は非常に前向きになっている。我々は、今シーズンを楽しみにしている」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース