トロロッソ・ホンダ来日!「将来の成功のために共に努力していくと誓う」

開幕直前の3月17日、トロロッソ・ホンダのガスリーとハートレーが来日し、シーズンに向けての意気込みを語った。

 3月17日、東京の六本木ヒルズアリーナで開催された『Red Bull Toro Rosso Honda DAY in Tokyo』にトロロッソ・ホンダのドライバー、ピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレー、フランツ・トスト代表が登場し、2018シーズンに向けての意気込みを語った。

 会場には多くのファンが集まり、周囲の階段からも人々が顔を覗かせるほどの熱狂ぶり。メインイベントの前には、レッドブルのストリート系パフォーマンスが行われた。会場に設営された巨大ランプやジャンプ台を使った迫力のBMXトライアルや、迫力のブレイクダンスが披露され、ファンを沸かせた。

 メインイベントが始まると、奥に置かれていたコンテナが吊り上げられ、ステージ中央へ。コンテナの中からホンダのロゴとコックピット保護デバイスのハロが搭載された『STR13プロトタイプ』が姿を現した。

 その後、ステージ上にはガスリーとハートレーが登場。さらにトスト代表、ホンダの山本雅史モータースポーツ部長も登壇し、ファンの間近でトークショーを行った。

 集まった多くのファンを前に、ハートレーは「昨年富士に行った時もファンの情熱がすごかった。トロロッソ・ホンダを多くのファンが応援してくれて嬉しい」と語った。

 ガスリーは「昨年戦ったスーパーフォーミュラで、すでに日本のファンのパッションを知っている。良い結果を残してその応援に応えたい。今年はもう少し日本語を覚えないといけないね。ガンバリマス」とコメント。それに対してトスト代表は「コンニチワ、キテクレテアリガトウ」と、ガスリーにお手本を示すかのように日本語で挨拶した。

 トークショーの話題がバルセロナ行われたプレシーズンテストに移ると、ガスリーは2018年用マシンSTR13のポテンシャルをテストで感じたと語った。

「1回目のテストでは全チームの中で最多周回だった。2回目のテストではもう少しパフォーマンスを追求した。中団チームの争いはとても僅差だけど、ポテンシャルはある。良い感触を感じているし、マシンを成熟させながら戦っていきたい」

 ハートレーも「僕たちがテストで一番最初にコースに入ったけど、そこから全く信頼性の問題は起きなかった。これからさらにパフォーマンスを高めていかなくてはいけないけど、開幕戦に向けては高い目標設定をしていて、多くのポイントを稼ぎたい。簡単ではないと思うけど頑張る」と意気込みを語った。

 トスト代表は、トロロッソとのシーズンに向けたホンダの努力を讃え、今季も僅差となるであろう中団争いの中でも、期待ができると話した。

「さくらにあるホンダの研究所が良い準備をしてくれた。オフシーズンで3826kmも走行できたのはチーム最多だ。中団争いは僅差だが、良いエンジンがあることは分かっている。我々もホンダもアップデートしていくし、本当にポジティブだ。シーズン後半は特に期待できる」

 プレシーズンテストを順調にクリアしたことで、期待感が高まるトロロッソ・ホンダ。トークショーも終始和やかなムードで進行していった。『今年のマシンに名前をつけるなら?』というファンからの質問では、ガスリーが”ガスモービル”と命名。それに対しハートレーはファンから募集して決めたいと話すと、トスト代表が名前が決まった際には、それを応募してくれたファンを鈴鹿に招待するとサプライズ提案。山本部長も賛同し、急きょ命名企画が持ち上がる一幕もあった。ちなみに、募集はハートレーのツイッター上で行うとのことなので、ぜひチェックを。

 イベントの最後には、トスト代表が「ホンダとトロロッソは、将来の成功のために努力していくことを誓います。ガンバリマス。みなさん鈴鹿で会いましょう」と力強く宣言。集まったファンに奮闘を約束した。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 Red Bull Toro Rosso Honda DAY in TOKYO
記事タイプ 速報ニュース