トロロッソ、来季より3年間の契約をホンダと締結との情報

トロロッソは2018年よりホンダとのエンジン供給契約を3年締結することに合意したようだ。

 motorsport.comの取材によれば、トロロッソが来季よりホンダとのエンジン供給契約を3年締結することに合意したようだ。

 レッドブルとホンダは、今季初めからトロロッソに対するパワーユニット供給についての対話を開始。さらにホンダとの関係を終了させたいマクラーレンは、トロロッソとルノー間に結ばれたパワーユニット供給契約を解除し、ルノーのパワーユニットを手にすることを望んでいた。

 まだ公式な発表はないが、広範に渡る協議の末、全ての当事者が合意に達したという。

 トロロッソは2018年よりホンダと3年間の契約を締結。期限は現行のF1エンジン規制が終了する2020年末までという運びになったとみられる。

 来年に向けた準備はすでに進行中のようだ。今回の契約は少なくとも、2015年12月にルノーからフェラーリエンジンに切り替えることを合意した時よりも早期にまとまった。

 トロロッソとの交渉が開始された時、レッドブルでアドバイザーを務めるヘルムート・マルコはホンダのモータースポーツ部長である山本雅史に対し、ホンダの性能を十分に改善するすることができれば将来的にレッドブルに切り替える可能性もあると語ったという。

 トロロッソとの契約がまとまったことによって、ホンダはその姉妹チームであるレッドブルと契約できる可能性を得ることもできた。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース