トロロッソ、PUに新エレメント投入で2台ともペナルティ確定か

トロロッソはPUに新しいエレメントを投入するため、ハートレーとガスリーはペナルティを受けることになりそうだ。

 トロロッソにパワーユニットを供給しているルノーは、今シーズンを終えるまでに新しいエレメントを投入することが必要だと考えている。そのためトロロッソのブレンドン・ハートレーとピエール・ガスリーは、ブラジルGPでパワーユニットのエレメント交換によるペナルティを受けるようだ。ただ最終的な決定は、グランプリの開幕する金曜日の朝に下されることになっている。

 ハートレーはメキシコGPでエンジントラブルに見舞われたこともあり、彼のマシンが何らかの問題を抱えているということはすでに明らかになっている。一方メキシコではレースを完走したガスリーだが、ブラジルではいくつか新しいエレメントを投入する必要があるとみられている。

 ガスリーはペナルティについて、「まだ確定していないけど、ペナルティを受けることになりそうだ」と話した。

「グリッド後方からのスタートになると思う。もちろんそのせいで状況は厳しくなる。だけどそれは僕たちが変えられるようなものではない」

「新しいものを投入するのなら、それを受け入れなければいけない。でも最終的には目標は変わらない。少し状況が厳しくなるだけだ」

 前戦メキシコGPでもグリッドペナルティを科されているガスリーだが、彼はその状況を受け入れることは難しかったと認めた。

 F1で最も厳しいと感じたことは何かと尋ねると、彼はこう答えた。

「ある意味では、自分に科されたペナルティを受け入れることだ。これまでのカテゴリーではこういうことに慣れていなかった」

「通常は、予選でポジションが決まればその位置からレースをスタートすることになる。しかし予選を走れなかったとしても、グリッドの後方からレースをスタートすることができる。僕はメキシコでそうだった」

「こういうことを受け入れるのは難しいけど、これもひとつのやり方だ」

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 第19戦ブラジルGP
サーキット Autódromo José Carlos Pace
ドライバー ブレンドン ハートレー , ピエール ガスリー
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース