ハミルトン、スパでのペナルティの可能性を認める

ルイス・ハミルトンは、今週末のベルギーGPでパワーユニット交換によるペナルティを受ける可能性を認めた。

 現在ポイントランキングトップのルイス・ハミルトンは、前戦ドイツGPまでに5基目のターボチャージャーとMGU-Hを使用している。

 今季のレギュレーションでは、パワーユニットの各コンポーネント(ICE/内燃エンジン、ターボチャージャー、MGU-H、MGU-K、エナジーストア、CE/コントロールエレクトロニクス)は、それぞれ年間の使用制限基数が5基までと決められている。つまり、6基目を投入した時点で上限を超えてしまうことになり、その分ペナルティが課せられることになる。

 ハミルトンは正確な計画については言及しなかったものの、このペナルティをスパで受ける可能性を認識していると語った。

「我々がこのペナルティを、今週末に受けるのを承知している」

 そうハミルトンは言う。

「すでに僕らは、ペナルティを受けることについて議論したよ。それた確かに影響を及ぼすだろうからね。でも、僕は全力を尽くすし、影響を最小限に抑えることもできる」

「ペナルティは、いずれ受けなければならないだろう。でも、僕はサマーブレイク前の勢いを継続させることができると思うよ」

 ハミルトンは直近7レースで6勝を挙げた。ただ、今回については勝利を考えるのではなく、ダメージを最小限に食い止める必要があるということを認めた。

「勝つことについて考えれば、もちろんそれは目標だ。しかし、今回はものすごく大変だろうね。他のクルマとのギャップは、とても小さくなってきているから。僕らのクルマの進化は3年目。レッドブルは速いし、フェラーリだって同じだ」

「去年や今年の開幕前よりも、それは難しくなっている。だから、ペナルティによって受けるダメージを最小限にしたい」

 ハミルトンは今シーズン初期に、多くのパワーユニット関連のペナルティに見舞われた。にもかかわらずハミルトンは、チームに対して非難する点はないと主張する。

「これはチームスポーツなんだ。だからチームと共に勝ち、そして負けることもある」

 ハミルトンはそう言う。

「それは無能だったわけじゃなくて、学習経験なんだ。僕らはその問題から学んだ。そして、彼らがそのようなことを起こすことはもうないだろう」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 ベルギーGP
サーキット スパ・フランコルシャン
ドライバー ルイス ハミルトン
チーム メルセデス
記事タイプ 速報ニュース